結婚相談所と結婚情報サービスの違い【男性向け恋愛コーチング16】

今回のPoint

恋人を作る方法も結婚相手を探す方法も、有料無料を取り混ぜて実に沢山の方法があって、出来ることに全てチャレンジすることが、成功の確率を大幅に上げる方法です。

前回までの粗筋

単なる勢いで恋愛レッスンを始めることになった正一郎だが、まんまとカリスマ恋愛コーチの策略によって多くの周りの人達を巻き込みながら否応なしに婚活に追い立てられていく。

社長に続いて人事部長まで婚活応援に名乗りを上げる事になって、昼休みに部長に昼飯を誘われた正一郎だが

前回のお話:婚活のアイデア募集【男性向け恋愛コーチング15】

登場人物

正一郎正一郎
38歳 彼女いない歴 38年 生粋の独身者 大阪出身千葉の海産物の加工工場(従業員約30名)で働いている 年収320万円この物語の主人公です。

山田部長山田部長
主人公正一郎が務める水産加工会社の人事部長
結婚難民になりかけの自分の息子の事もあって、正一郎の婚活に強引に首を突っ込んでくる。

4月18日(火)12:10 社員食堂

社員食堂

山田部長今日はアジフライ定食だね、ほぼ毎日が魚料理なのも飽きるけど・・早速本題だけど福引引くのは好きだよね?

福引

正一郎ちり紙しか当たった記憶がないですけど好きです。

ただ買い物するのはコンビニばっかりですから福引と言うよりセブンイレブンの一番くじとか、そんなクジしか引いたこと無いです。

山田部長まぁ商店街の福引を嫌いな人はいないよね?

恋人作りとか彼女探しも商店街の福引も同じようなものだと私は思うんですよ。

わかる?

分かりますけど自分に恋人が出来て、結婚して幸せな家庭生活を手に入れるのは、もう福引の特等が当たるくらいの確率だと思うんですよ。

自分ポケットティッシュしか当たったこと無いのに、いきなり婚活で特等が当たる気がしないんですよ。

山田部長情けないこと言っちゃだめだよ。

情けない顔して情けない事を言っていたら女の子も離れて言っちゃうよ。

じゃぁ必ず福引で特等を当てる方法知ってるかい?

そんな必ず福引で特等当たるなんて無いんじゃないですか?

必ず恋人が出来る方法ってのも見たことありますけど、ありえないと思います。

だったら少子化対策で国中に広めたら良いんですよ。

山田部長まぁ比喩的な話かもしれないけど、入っている福引を全部自分で引いてしまえば必ず特等は当たるよね?

それは現実的に無理としても一回引くよりも二回のほうが当たる確率は倍になるし、十回やれば確率はかなり高くなるよね?

そら確かに全部引いたら当たるでしょうけど・・婚活はそんなに単純な話なんですか?

山田部長男女の間に恋が芽生えるとか愛情なんてものは単純どころか複雑過ぎて今だに体系化出来ない複雑さなんだけど、婚活とか恋人作りの場合は単純に沢山引いたら良いのが当たるという、小学生でも理解できる事を分かっている人が少ないんですよ。

誰かに一目惚れしてアタックしたけど振られてしまいましたって、学生時代はそれでも構いませんけど四十にもなった結婚逃しそうなおっさんが、今だに若者みたいに純粋に愛だの恋だの言っているだけじゃダメだった事なんですよ。

自分、愛も恋も全然言ってません。

山田部長まぁそれはそれとして、はっきり言えば愛とか恋を見つけるチャンスなんて何種類も有るんだから、出来ることを全部やる事が理想の結婚相手を見つける可能性がより高くなるって事なんだよ、わかるよね?

すべての道はローマに通ずって言葉の本当の意味を知ってる?

ローマ

何のことですか?自分の婚活と関係有るんですか?

山田部長君の婚活にも関係有ると思いますよ。

すべての道はローマに通ずの本当の意味は、ある目的を達成する為の手段は幾らでもあるという事です。

ちょっと見渡せば結婚相談所もあるし結婚情報サービスなんてのもあるし、婚活コーチングなんて自分に言わせれば何をコーチするんだか分からないようなサービスまで有るし、ここ数十年前から自治体も少子化の進行に驚いて結婚支援活動なんてのをやりだしているし、別に結婚支援を目的としていなくても趣味のサークルとかボランティア活動で知り合って恋人に発展するとか、一昔前に比べたら結婚相手を探す手段なんていくらでもあるわけですよ。

経済的な理由もあるかもしれませんけど、幾らでも方法はあるのに試しもしないでキッカケがないとか言い訳して、結局は独り身のまま狭いアパートの一室で一人寂しくテレビだけがお友達なんて人には、本当に結婚したくてやれることを全部やったのかって聞きたいですよ!

自分のおじさんも同じような事を言ってました。そやけどネットを見ると婚活に失敗した体験談は山程出てきますし、全ての方法を試すなんて仕事もあるし無理ですよ。

山田部長じゃ角度を変えて話そうか。

自分は絶対結婚できると思って行動する人と、自分には無理だって思っている負け犬とどっちのほうが結婚相手を見つける確率が高いと思いますか?

どっちの考え方を取るのも個人の自由ですからオトクな方を選択したほうが良いんじゃないですか?・・と息子にも言っているんだけど聞かないんですよ。

とにかく年齢的にも年々結婚相手を探すのが厳しくなるのは分かってますから、とにかくやるだけやってみる気持ちではあります。

山田部長みんな応援してますからきっと相手が見つかりますよ。

ところで結婚相談所と結婚情報サービスの違いって知ってますか?

私も息子が結婚中々しないんで自分で色々調べたばっかりだけど

どっちも自分に縁がないところだと思ってましたからよく分かりません。

山田部長簡単に言うと結婚情報サービスは結婚願望が有る男女の情報を集めて、基本的にメールやチャットでやり取りできる場所を提供するサービスで比較的料金は誰でも利用できるようなサービスで料金が手頃だから利用する人が多いというメリットが有る反面、だれもサポートしてくれるわけではないので、キッカケだけ作ったら後は自力で頑張りなさいって感じだね。

結婚相談所は比較的小さな個人規模の相談所が全国にネットワークを作ってやっている感じで料金はそれなりに掛かりますけど、相談員さんが色々サポートしてくれるのが特徴ですね。

結婚情報サービスでしたら数万円レベルで結婚相談所でしたら数十万円というのが相場になります。

どちらを選ぶかという話になるけど、お金と時間に余裕があったら両方試してみるても有るけど、お金も大切だし時間的な余裕もないのが現実だよね。

だから先ずは自分を知るって事が大切になって来ると思うんですよ。

このページのAI朗読(字幕付き)


次回:意識改革が現実を変える【男性向け恋愛コーチング17