浮気調査と離婚

探偵事務所に浮気調査を依頼する方の目的なのですが、料金を支払って浮気調査をする方の多くは、離婚を目的とした浮気調査や、浮気をしていることがはっきりしたら離婚をしようと思っている方や、裁判所での離婚調停の証拠として浮気調査を利用して、証拠を手に入れようとする方が多く、大部分の依頼者が離婚を前提にしているって事なんですね。

浮気調査が離婚を前提として行なう人が多いのが事実って事は、当然の事ながら浮気調査を行なう探偵事務所が浮気調査の依頼者にセットで?離婚調停など離婚に関する相談やサポートを行なう業者も沢山出てくるわけです。

するとですね、それなりの探偵事務所に浮気調査を行なうと数十万からの調査費用がかかってきますが、それを支払ってでも浮気調査をして、証拠を集める方が多いのも納得できてしまうわけです。

つまり、離婚における裁判や調停におきまして、相手が不倫を行なっているなどの、明らかな証拠が有る場合は、発生する慰謝料などの金額の桁が変ってくるからですね?

まあ浮気調査の調査費用に100万円かかったとしても、離婚時の慰謝料でその数倍の金額を請求できるわけですから、計算高い人であれば、浮気調査を依頼して確固たる証拠を掴もうとするわけですね。

しかも、浮気調査を行なって証拠を集めた事務所がそのまま離婚に至るまでの、様々な業務にはじまり交渉ごとに対して、ノウハウをもってアドバイス・サポートをしてくれる訳ですから、鬼に金棒?なのではないでしょうか?

浮気をしている人が、配偶者に疑われて調査会社に調査された場合は(調査会社にもよりますが)まあ、勝ち目は無いって思っておいたほうが良いでしょうね?

追伸

この文章を読んでいる方の中で、現在進行中の浮気行為をしている人がいらっしゃいましたら、今すぐ関係を清算することをお勧めいたします。

しっかし日本の離婚率はじわじわと高くなってきているのでありますが、これは携帯電話の普及で浮気をする人が増えたからなのか、探偵を使って調査をする人が増えたからなのか、あるいは両方なのかは分かりませんが、もしかしたらそのうちに、離婚や再婚さんてのは、転職と同じ感覚になってしまうかもしれませんね。

このページのAI朗読(字幕付き)