浮気調査の実態

浮気調査の実態について、聞いた話を含めて書いてみようと思いますが、その前に書いておく事があります。

浮気調査や素行調査を行なう、探偵事務所は特別な資格がなく、勿論、国家試験なども有りませんので、やろうと思えば、誰でも探偵を名乗って、浮気調査しますの看板を出して、営業を始めることができます。

その為、探偵事務所による能力の違いが大きく、又、探偵事務所を見極める術もなかなかないのが、実情なのであります。

但し、ある程度 浮気調査の実態を分かった上で、探偵事務所に相談してみるのは良いと思いますが、初めて探偵事務所に相談をする場合は、複数の探偵事務所に先ず、相談してみてから決めるのが良いと思いますよ。

さて、その探偵事務所が行なう浮気調査の実態ですが、一にも二にも、尾行を中心とした調査で、証拠となる写真やビデオを撮影する事だそうです。

都会の人混みの中での徒歩での尾行は簡単な部類に入るそうなのですが、相手が車で移動する場合などは、場合によってはバイクを使ったりして、ひたすら尾行を行なうそうです。

疑問その1
尾行中に尾行相手に気が付かれる事はないのか?

自分が尾行されている事を注意している人が稀にいるそうですが、大部分の相手は自分が尾行されているとは思っていないので、気が付かれる事はないそうですが、車を使った追跡の場合、往来が少ない道路で追跡する場合は、気が付かれない様にするためには、間に他の車を入れたりしないと、気が付かれてしまうそうですが、追跡に失敗してしまって、はぐれてしまうこともあるそうです。

疑問その2
浮気調査にかかる費用は?

浮気の調査費用ですが、相場としてはかなり高いようです、調査にかかる日数が費用計算の基本らしいのですが、一日あたり4万円~6万円で、期間は1週間以上になるそうです。

とすると、浮気の調査費用は最低でも4~50万円かかる事になりますね、探偵さんに聞いた話では人手を使っての調査なので、そのくらいの費用がかかってしまうそうで、逆に極端に安い費用ですと、実際には調査を行なわなかったりする業者があるとの事でした。

追伸

多額の費用を使って悲しい思いをするよりも知らぬは仏って言葉が日本には古くから有るのですが、慰謝料だとか調停の世界に突入していく方も日本には多いのでありますね。

このページのAI朗読(字幕付き)