浮気調査の実態

浮気調査の実態について、聞いた話を含めて書いてみようと思いますが、その前に書いておく事があります。

浮気調査や素行調査を行なう、探偵事務所は特別な資格がなく、勿論、国家試験なども有りませんので、やろうと思えば、誰でも探偵を名乗って、浮気調査しますの看板を出して、営業を始めることができます。

その為、探偵事務所による能力の違いが大きく、又、探偵事務所を見極める術もなかなかないのが、実情なのであります。

但し、ある程度 浮気調査の実態を分かった上で、探偵事務所に相談してみるのは良いと思いますが、初めて探偵事務所に相談をする場合は、複数の探偵事務所に先ず、相談してみてから決めるのが良いと思いますよ。

さて、その探偵事務所が行なう浮気調査の実態ですが、一にも二にも、尾行を中心とした調査で、証拠となる写真やビデオを撮影する事だそうです。

都会の人混みの中での徒歩での尾行は簡単な部類に入るそうなのですが、相手が車で移動する場合などは、場合によってはバイクを使ったりして、ひたすら尾行を行なうそうです。

疑問その1
尾行中に尾行相手に気が付かれる事はないのか?

自分が尾行されている事を注意している人が稀にいるそうですが、大部分の相手は自分が尾行されているとは思っていないので、気が付かれる事はないそうですが、車を使った追跡の場合、往来が少ない道路で追跡する場合は、気が付かれない様にするためには、間に他の車を入れたりしないと、気が付かれてしまうそうですが、追跡に失敗してしまって、はぐれてしまうこともあるそうです。

疑問その2
浮気調査にかかる費用は?

浮気の調査費用ですが、相場としてはかなり高いようです、調査にかかる日数が費用計算の基本らしいのですが、一日あたり4万円~6万円で、期間は1週間以上になるそうです。

とすると、浮気の調査費用は最低でも4~50万円かかる事になりますね、探偵さんに聞いた話では人手を使っての調査なので、そのくらいの費用がかかってしまうそうで、逆に極端に安い費用ですと、実際には調査を行なわなかったりする業者があるとの事でした。

追伸

多額の費用を使って悲しい思いをするよりも知らぬは仏って言葉が日本には古くから有るのですが、慰謝料だとか調停の世界に突入していく方も日本には多いのでありますね。

浮気と盗聴器発見

インターネットで検索すると直ぐに沢山出てくるのですが、盗聴器が沢山売られていまして、盗聴器を売っている店では、盗聴器発見器も販売されているのです。

盗聴行為そのものはいけない事なのですが、盗聴器そのものを販売したり、購入することはなんら差し障りのないことなのだそうです。

販売店で”絶対に発見されない盗聴器”と”どんな盗聴器でも発見する盗聴器発見器”が売っていたら、おもわず、突っ込んでしまうところですが、そんな売り方をしているお店はないようです。

盗聴器の種類としては、電話機に取り付けて電話の会話内容をキャッチするものと、部屋にセットして室内での会話をキャッチするものとに分かれるそうです。

私の知っている探偵事務所の場合は、第三者の探偵事務所が盗聴器を仕掛けた場合、問題があるので基本的には、やりたくないそうです。
※基本は尾行によって証拠を押さえる事だそうです。

しかし、盗聴器も盗聴器発見器も売り上げが毎年伸びているとの事で、調査会社の人よりも個人が個人的に使う為に盗聴器を購入したり、盗聴されていないか気になる個人の方が盗聴器発見器を購入するようです。

私が思うに、盗聴器を仕掛けてまで、入手する必要が有る情報なのか、盗聴されて困る言うな、会話を普段しているのか、盗聴器や盗聴器発見器を必要とする人が、沢山いることには驚いてしまいますね。

今年になって個人情報の保護に関する法律が整備・強化されたようですが、盗聴を目的とした盗聴器が、全く法律の適応外でありまして、盗聴器なんてものは、最初から盗聴を目的とした機械なのでして、盗聴器を購入してラーメンを作る人はいなくて、盗聴器を買った人は、目的を達成するために購入するのですから、盗聴器そのものも、規制しても良いのではないかと思いますよ。

追伸

日本製の盗聴器は小型で感度が良く、世界の中でもトップの性能を誇るのが日本製の盗聴器なんだそうです、世界に誇れる性能なのは嬉しい話なのですが、複雑な気持ちですね。

元々はスパイの世界で活用されていった盗聴器ですが今や最も使われているシーンは浮気調査用だとも言われておりまして、平和な世界なのかそれともドロドロの世界が至る所に存在するのかそのあたりの真相は不明ですけどね。

何でも秋葉原のその手の部品を扱っているお店には海外からのよく分からない旅行者が結構盗聴器を買いに来たりしているのだそうで、メイドインジャパンがこんな所でも頑張っているのですね。

格安浮気調査

浮気調査の料金について別のところで書きましたが、高額な調査料金の為に二の足を踏んでしまう方も多いようですが、中には人手を出来るだけ使わないで、浮気調査を行なう業者も有るようです。

浮気の調査費用は、それこそ人件費の塊ですので、人手を使わないで浮気調査をすれば確かに、格安での浮気調査が可能になるようです。

人手を使わない浮気調査は、もっぱら調査対象者の移動手段が車だった場合に、車に発信機を取り付けて、尾行を行なう事無く、調査対象の場所を把握するのだそうです。

大まかな流れ

車に発信機を取り付ける(取付は依頼者が自分で取付が出来るそうで、自信がない方の場合は取付を業者が行なうそうです。

車に取り付けられた発信機で24時間場所を把握する

ホテルや密会現場が把握できた場合、現場にいたことを証拠とするか、場合によっては現場に急行して証拠を押さえる。

以上が大まかな流れなのだそうですが、対象者が車で普段移動していないと、この手は使えないそうです。

IT技術の進歩が、浮気調査の世界にまで入ってきているのですね。

発信機を使って位置を把握するのは勿論GPSの技術を使って、宇宙に飛んでいる宇宙衛星で行なうのですが、科学技術の粋を集めて、多額の資金を使って宇宙に飛ばした衛星が、浮気の調査に使われる・・・・

なんだか可笑しくて笑ってしまいます。

追伸

浮気調査によって浮気が確認できたら、なんと別れさせ屋なる、浮気相手と別れてもらう為の、オプションサービス?が存在するそうです。

ここまでくるともう笑うしかないような気がしてしまうのは私だけでしょうか?

それと浮気の現場を掴んだら高額の慰謝料を請求しようと企んでいる依頼者も多数存在すると聞きますが、まあなんと言いますか愛情も憎悪も最終的には金銭に収束してしまうのでしょうか?

それと格安をうたう業者にはたちの良くない業者もたくさん存在するようですので、十分注意してくださいね。
まあ年中何回も利用するような人は滅多にいませんし口コミも期待できませんからね。

疑心悪鬼になっていますと冷静な判断が出来なくなっていますからね。

あとついでに書いておきますと日本には古くから知らぬが仏って諺が有りますが、意味が分からない人は自分で調べてみて考えて下さいね。

このページのAI朗読(字幕付き)