ネット上の身元調査

最近になって警察も本格的に2チャンネルやブログなどに書き込まれた内容について、風評の流布とか名誉毀損だとか営業妨害に当たる場合など積極的に取り締まるようになってきまして、爆破予告などはもう即日に書き込んだ本人の身元が判明して逮捕されちゃう訳ですが、未だにインターネットの匿名性を信じている人が多いって事でしょうね。

まずその掲示板とかブログのコメント欄にアクセスした瞬間からIPアドレスと呼ばれる発信元の情報がサーバーに記録されまして、今現在この文章を読み頂いているあなたのIPアドレスもしっかり記録されているのでありまして、国内のサーバーであればどこのサイトであろうともIPアドレスはしっかり記録されていると思って下さい。

でまあ早い話がこのIPアドレスが分かってしまえばしかるべき手続きに則って情報開示請求をプロバイダーに行いますと、発信元(接続元)がたちどころに判明してしまうのでありまして、身元調査は完了なので有りますね。

ついでに書いておきますと、携帯電話を含めて電話を発信する際に自局の電話番号を非通知にしてかけましても、通信記録を元に調べればやっぱり発信元は簡単に調べが付いてしまうので有りまして、不用意な事はしてはいけませんよって事ですね。

でね、ブログとか巨大掲示板を見ますと未だに誹謗中傷ですとか根も葉もない噂を書き込む輩とか、精神のねじ曲がった人間が沢山居るようですが、あなたの身元なんて調べようと思えば簡単に調べが付いてしまうだよ、今はまだ忙しくて手が回らないだけだけどねって警告を発すれば、結構この手の行為は無くなると思うのですが、何故やらないんでしょうかね?

ただし自分所に毎日配信される迷惑メールの類ですとか、架空請求のメールを身元調査によって発信元を解明して取り締まれるかと言いますと、多くのその手のメールが日本の警察当局の操作の手が及びにくい海外から発信されているので有りますから、簡単にはストップできないのですよね。

追伸
先日の話ですが私も面識がある元IT関連企業の役員の男が、役職を解かれた事に腹を立てて、その会社を誹謗中傷する内容のブログを立ち上げたり、事実無根の話をでっち上げて書き込みをしたりして、逮捕されたのですが私は逮捕された事そのものよりも、ネット上で日本国内で匿名の書き込みなどの行為が、本当に匿名で身元が分からないと思って居たのだと言う事にびっくりしましたね。

まあそんな人だから解任されたのかもしれませんけどね。

このページのAI朗読(字幕付き)