結婚と妥協

人生には妥協がつきもので、妥協の無い人生は有るかどうかは知りませんけど、例えばこれから婚活の一環で結婚相談所に申込むとか、または交際中の男性(又は女性)がいらっしゃいましてさて結論をなんて事について今回のコラムで取り上げようと思います。

先ず先に現実的な事を書いておきますと、結婚して生まれも育ちも違う二人が一緒に住む又は親と同居なんて場合もあると思いますが、とにかく結婚して新生活が始まってしまったら妥協する事は山ほど有るわけですから、今活又は求婚の段階での妥協なんてのはたいしたことじゃないって個人的に思います。

つまりその私に人生に妥協はないし、ましてや人生を一緒に送る相手に妥協しないなんて考えていたら結婚してからの生活に支障が出ると思います。

さてこのコラムを読んでいらっしゃる人の中には婚活をこれから始めるだとか、結婚相談所を物色中なんて人もいらっしゃるかと思いますけど、たぶん自分なりの希望とか理想の相手像なんてのを胸に抱いていらっしゃる方も少なくないと思います。

確か今から10年以上前の話ですけど理想の結婚相手像ってのは女優の竹下景子さんが選ばれていましたけどね、諦めないで理想の相手を探し続ければ理想の女性(又は男性)が現れると思ったらそう現実は甘くなくて、現代の理想像は知りませんけど竹下景子さんみたいな人が結婚相談所に申込めばまるで料理を注文した時のように現れると思いますか?

勿論ね結婚しちゃってからしまった!あの時に妥協なんてしなければ良かったなんて思う人も大勢いるでしょうけど、そんなものは五十歩百歩の世界で誰と結婚しても少しは不平や不満が出てくるものだと思っているべきだと思います。

ただここから180度違うことを書いている事になってしまうかもしれませんけど、婚活を始めたからには必ず誰かよさげな適当な相手を見繕って結婚しないと負け組って事は全然無くて、結婚しないで独身主義を貫くってのも一つの人生の選択だと思いませんか?

つまりその一切の妥協をしないで理想の結婚相手を見つけることが出来たら運に感謝して頂きまして、理想の相手が出てこなくてもやっぱり婚活を始めたからには誰かと結婚するって目的の人はどこかで妥協して頂きまして、やっぱり妥協したくない人は独身主義を宣言するって方法も有るって事ですよね?

追伸

妥協の連続のような人生なんて送りたくないし、かといって一切の妥協を許さない人生も又肩がこるだけなのでありまして、丁度良い頃合ってのが中々難しいのですよね?