バーチャル恋愛コーチング連載中

熱しやすく冷めやすい性格

子供の頃にお前の性格は熱しやすく冷めやすいなんて言われていた人は離婚率が高い・・かどうかは全く不明ですが婚活市場においては意外とこの性格がプラスに働くんじゃないかなって思いませんか?

なにせ直ぐに熱くなれるって性格を持っている人はたぶん惚れやすいとか直ぐに恋心を抱いてしまって相手を好きになる性格も兼ね備えているに違いないのでありますから、異性のあそこが気に入らないとかココが気になるなんて慎重になっていて気がついたら40才の大台にのってしまって正真正銘の結婚難民認定を受けてしまうよりも、熱しやすく冷めやすい性格がプラスに作用して結婚出来たほうが良いと思いませんか?

ですからもしまだ小さい子供がいるご両親の方でしたら自分の子供が熱しやすく冷めやすい性格だとわかってもそれはプラス面もあって長所と考えるようにしても宜しいのでは無いでしょうかね?

ただ問題なのは光あるところに影が有ると古くからの諺にも有るように、熱しやすい人は冷めやすいと言う性格も兼ね備えてしまうのが人の常なんですよね?

まぁお見合いでも合コンでもあちらも自分に対して好意を持ってくれて熱しやすい性格が功を奏して無事、結婚に向かっての交際が始まりまして冷めやすい性格が表に出てくるまでに婚姻届を役所に提出するまでたどり着けば宜しいのですけど、その前に持ち合わせている冷めやすい性格が発揮されちゃいますと途中で挫折するような気がしますが、まぁ婚姻届を出す前だからかえって良かったんじゃないでしょうかね?

でね婚活について勝手なことを書きますけど、何だか相手を見つけて結婚することが最終目的みたいに感じてしまうのですけど、いざ結婚して二人の生活が始まったら毎日夫婦喧嘩ばかりで、ちっとも家庭内が楽しくなくて最後にはとうとう別れちゃったなんて事になるのでしたら、最初から結婚なんてしない方が良いとも言えるのです。

って事はですね、熱しやすく冷めやすい性格の人が婚活を始めまして、自分の持ち前の性格が幸いして交際相手の確保が出来まして、途中で冷めること無く無事ゴールインまで出来るって場合は安心とも言えるのでは無いでしょうか?

つまり冷めやすい性格の人が婚姻届を出すまで冷めなかったから、まぁ今後も大丈夫でしょうって感じですね。

そんな事を考えますと一般的には短所だと考えられている熱しやすく冷めやすいも、婚活の時期においては逆にプラス面とメリットも大きいのでは無いでしょうかね?

このページのAI朗読(字幕付き)