バーチャル恋愛コーチング連載中

結婚観

男と女ではかなり違うでしょうし個人によって結婚観ってのは随分違うと思いますが、今回のコラムではそんな事について書いてみようと思います。

まずね理想としては好きな人が出来て人生を一緒に過ごしたいって衝動から結婚に至るって感じではないかと思います。(衝動のおかげで失敗した人も多いでしょうが)

さて最近は結婚難民ですとか結婚活動を略して婚活なんて言葉が出回っていますけど、そんな言葉が流行ってしまいましたら何だか恋愛と結婚が分断されてしまうような気がしませんか?

まぁ難しいことを言えば人の人生には寿命が有ってやがては終りが来てしまうので、結婚して子供を作って子孫を残すことによって命をつないで行くって事になるのでしょうけど、そーゆー宿命があるから本能的に異性に対して恋愛感情が生まれるのだと思いますけど、他の国のことは良く知りませんがまだまだ日本においては未成年の異性とのお付き合いを快く思わないような風潮が有るじゃないですか?

だからじゃないですけど彼氏いない歴何十年とか彼女いない歴イコール自分の年齢な人が適齢期が来たら婚活を一生懸命始まますみたいなところが出てきちゃうような気がするんですよね?

何と言いますか結婚観を持たないまま大人になって適齢期が来たらいきなり婚活に走り出しちゃうみたいな・・ちょっと言いたいことと違うな。

私個人の話をすれば別に結婚観とかそんなものは取り立てて考える必要は少ししか無くて、実際には好きな人が出来てお互いに恋愛感情を抱いた先に結婚が有るんじゃないかなと思うのです。

ただ実際には現代社会は生活の事ですとか将来のことですとか親兄弟の事ですとか、真剣に結婚観の事を考えだしますと実に沢山の要件とか条件とか希望が出てきちゃうのが実際なんですよね?

ただ思うに結婚観なんて事を真剣に考えても考えるだけ時間の無駄だと思いますから、そんな事は綺麗さっぱり忘れ去りまして、お気に入りの服でも来て出かけた方が宜しいかと思います。

独身の男女が結婚観なんて難しいことを余り考えないで、とにかく積極的に人の集まる場所に出かけて行きまして多くの人とコミニュケーションを取るようにすれば、結婚難民なんて言葉はいつの間にか聞かれなくなってしまうのではないでしょうかね?

追伸
私自身は早婚で既に成人した子供を持つ親ですけど、自分は自分で子供は別人格だって考えていてもやっぱり自分の子供が結婚適齢期になりますと、子供の結婚の事が少々気になってしまったりするのですよね?

このページのAI朗読(字幕付き)