花嫁修業とは?

そもそも花嫁修業って言葉は一般的に定着していますけど具体的に何をするのか男性の私には良く分からないのでありまして、でも何だかこの言葉が気になったので今回のコラムで書いてみたいと思います。

さて花嫁修業とは仕事を辞めて家事手伝いになるときに使われる事が多いような気が致しますが、修行というからには滝に打たれたりインドの山奥にこもったり牛と戦ったりするわけではない事が詳細な調査により判明致しましたので先ずは最初にご報告させて頂きたいと思います。

でどうやら一般的には料理とか裁縫とか昔でしたらお花のお稽古なんてものが有ったようなのですけど、まぁ現代でしたら電子レンジの使い方を徹底的に研究致しまして手抜き料理でもバレない方法ですとか、バーゲン会場の歩き方ですとかはたまたお母さんから極秘の亭主操縦法なんてものを教わるのでしょうかね?

でね、中には花嫁修業に入ったままず~とそのまま花嫁修業を延々と継続している方がいらっしゃるやに聞いていますけど、それって誰かから花嫁修業合格の免状が貰えないから卒業出来ないのでしょうか良く分からないのですね?

まぁ私の周囲に花嫁修行が10年目のベテランでそのうちに師範代に昇格するなんて人がいらっしゃいましたら直接聞いてみれば良いのですけど、あいにくながら私の周辺には花嫁修業経験が10年以上の長きにわたってやってらっしゃる人はいませんから、こんどそんな人に巡り逢ったら聞いてみることに致しましょう。

ただご両親も自分の娘は今自宅で花嫁修業中だと言えるのは最長でも5年くらいが限度だと思いますし、花嫁修業は終了したので今度は違うことを修行中とかなっているのでしょうか?

追伸
花嫁修業って言葉は有りますけど花婿修行って言葉はありませんよね?

どうせでしたら結婚難民なんて言葉よりもこっちの方が良い気が致しますし例えば婚活中にですよ、趣味は?なんて聞かれたときにスポーツと花婿修行を少々なんてお話しても結構面白いのでは無いでしょうかね?

だだ、じゃぁ花婿修行ってのは具体的に何をやっているのですか?なんて聞かれた時に朝帰りした時の言い訳と謝罪の練習をしていますとかちゃんと花婿修行の中身について具体的に答えられるようにしておかないとだめですけどね?

追伸2

そう言えば私は花婿修行無しで妻も花嫁修業無しで結婚致しましたが特に支障も出ていないのですけど、どこかで修行しないですぐに実践に入ったので問題が出たとか事例はあるのでしょうか?