結婚と貯金

そろそろ結婚適齢期になることだし婚活を開始したいけど先立つものが無いんだよな~なんて人もいらっしゃるのでは無いでしょうか?

ひと世代前の人間から言わせますと若い内は貧乏なのが当たり前って感じですけど、こーゆー時代ですから女性が結婚相手の貯金の額を気にするなんて事が有るのでしょうかね?

ただ私は貧乏だから結婚できないなんて事は絶対ないと思いますし、結婚する前から相手の貯金残高を気にして確認するような方とは結婚しない方が良いと思います。

まぁ玉の輿なんて言葉が昔から有りまして裕福な男性や身分(本当は身分制度なんて日本には無し)の高い相手と結婚することを形容する言葉が有りますけど、私にはちょっとピンとこないところが有ります。

確かに結婚したらしたで二人が住む住居に始まりまして家財道具は揃えなきゃいけませんし、子供が出来たら共働きは難しくなりますし、消費税は上がる気配が濃厚だしある程度の貯金は必要だと思います。

ただねどっかの団体が婚活するために必要な結婚資金は300万円ですなんて勝手に決めつけてしまいましたら、それだけの貯金が無い人は婚活のスタートを切れなくなっちゃいますし、基本的には支出が激しい男性が婚活するために貯金に励んでしまったらますます経済が冷え込んでしまいますよね?

さらにもう一つ書き加えますと結婚適齢期の若い男性(女性の場合も有ります)が婚活の貯金が充分に蓄えているって場合は、本人の稼ぎである場合も少なくないとは思いますけど、やっぱり親が裕福だとか、両親と同居していて家にはなにもお金を入れてないで食事も提供して貰っているって場合も少なくないと思うのです。

確かに結婚して生活を営んでいくわけですから経済力とか生活力は重要になってきますし、綺麗事じゃすまない事も多々有るのですけど妙な調査とか実態統計なんてのは気にしないほうが良いと思います。

金の切れ目が縁の切れ目って言葉が有りますよね。

例えばちゃんと結婚前に充分な貯金が有ることを確認致しまして無事ゴールインしたカップルの場合ですと何らかの原因で経済的に苦しくなったら、金の切れ目が縁の切れ目って事態が発生する可能性が有ると思うのですよ。

逆に貯金なしで結婚致しました場合でしたら最初から切れ目になるものが存在しないのですから、その分だけ離婚する確率が低くなるような気もするのです。

ただまぁ有るに越したことはないですから、多少は貯金しておきましょうね?