三十代の婚活

話によると焦りだすのか周囲の婚圧がピークを迎えるのか婚活をスタートする年齢として高いのが三十代前半なのだそうで、男も女もこの年代が多いので選べる相手が多いとも言えますし逆に競争が激しくて脱落しちゃう可能性が無いとも言えない年代って事になるのでしょか?

まぁ昔でしたら女性はクリスマスケーキですから24才までにって事でしたし男性でも30才を目前にして独身でしたら、大概の場合は何処からかお声がかかったものだと聞いていますけど、どうもそんな古き良き風習はすっかり廃れてしまいまして、三十才になったら生涯独身にするのか婚活をスタートするかの決断を迫られてしまうことになる独身男女が多いって事でしょうかね?

さて男性の場合でしたら基本的に30才前半でしたら仕事でも責任ある地位について経済的にも余裕が出てきて、すっかり若い頃のいい加減さですとか子供っぽさが隠れて見えなくなっている年齢にさしかかりますし、女性にしても今でしたら若い頃の美しさをまだまだ保っている年齢って事になって、誠に婚活を開始するには良い年頃なのでしょうけど、若干の問題も出てくるのだそうですね?

つまりその男性でも女性でもそれなりの魅力を持ち合わせていたり経済的な力を持っている状態で結婚相談所に入会致しまして、紹介された異性の候補を見てう~んもうちょっと良い人が紹介出きないのでしょうか?なんてすぐに時が経って四十になってしまう事も忘れてしまって、勝手に高い理想を掲げちゃうって感じでしょうか?

まぁ結婚することになりましたら基本的には人生の伴侶として一緒に生きていくわけですので変に妥協したり理想を下げる必要は一切ないと思いますけど、それも度が過ぎてしまいますと逆にどんどん候補者が少なくなってくるし、自分も年を重ねていくわけでどんどん婚活市場での商品価値?が下がっていってしまって人によっては結婚難民認定なんて事になってしまうのではないでしょうかね?

そのあたりは何処で妥協するかとか色々と本人の気持ち次第で無事婚活に成功して結婚出来るのか、結局は誰も相手が見つからなくて結婚難民として生きる道を選ぶのか本人次第なので有りますけど、何だか人生って大変ですよね?

追伸
年々初婚年齢は上がっていて今では40歳代で初婚なんてのも全然珍しくないと聞きますし、三十代で婚活に失敗したと感じても少し間をおいてから挑戦すれば結構理想の相手が見つかるなんて事が少なくないのかもしれないですね?

このページのAI朗読(字幕付き)