婚活以前にお金がない

昔から若い頃はお金が無いって相場が決まっていましたし、そんな中でも経済が右肩上がりで上昇して会社も終身雇用と年功序列型の給与体系だった時代でしたら、若い夫婦に金がないのは当たり前の話で、結婚してしまって二人で力を合わせればやがで家も持てるし中流家庭を築き上がることができるって夢と希望が持てたのですけど、最近では随分と状況が違ってきてしまいましたよね?

まぁ婚活にも格差が生じているとでも言いましょうか、親元に住んでいて正社員として働いている方はごく普通に婚活を開始することが出来るでしょうし、逆に非正規社員で働いていて寮に住んでいて貯金も無いなんて状態でしたら、将来収入が増える可能性も低いわけですから資格って事でもないですけど、婚活しても結婚後の生活を成り立たせるだけの収入が確保出来る自信が無いので婚活に入れないって人が日本には大量に発生しているのでは無いでしょうかね?

まぁまさか男性の場合で婚活段階で最初から結婚する相手の条件が共働きが希望だとか、親が資産家であることなんて事で婚活は出来ないですからね?

て事はですね、いくら政府が少子化対策をしようとも根本的に婚活にすら入れない人がどんどん増えているわけですから、生涯独身者が増加して結婚した人も最近では沢山子供を作りませんから人口の減少率はこれから更に高くなって行くのでは無いでしょうかね?

で話を婚活以前にお金が無いに戻しますと、私が思うに別に今はお金が無くたって将来はどうなるのか分からないわけですし、結婚資金を貯金して目標額が達成してから婚活開始なんて事を考えているうちに、直ぐに結婚適齢期を過ぎてしまうのですからお金が無くたって婚活を開始すれば良いと思うのです。

でね、もしかしたら婚活を開始する事よってもっと稼がなくちゃって事で何か資格をとる努力をしてみたり、収入が増える職業に就職することを考えてみたり、今より更に前向きな人生に踏み出していける可能性が出てくるのではないかと思うのですよね?

だってなんとなく思うのですけど、収入が低くてお金が無いから婚活なんて考えることも出来ないなんて思ってしまって、そこで止まってしまいましたら折角まだ人生が沢山残っていて、可能性も残っているのに勿体無いと思うのですよね?

別に結婚することだけが人生では有りませんし、生涯独身主義も個人の考え方で尊重すべきことだと思いますけど、お金が無いので婚活を諦めるなんて消極的な考えは捨てた方が良いと思いませんか?

このページのAI朗読(字幕付き)