結婚願望と両親と結婚相手が見つからない件

これは昔から有る話だと思いますが、自分の息子や娘が年頃になっても30才を超えても一向に結婚のケの字も出てこないし、せっついても全くその気が無くて本人には全く結婚する気持ちも無いのに両親の方はヤキモキしているなんてご家庭も多いのではないでしょうか?

実は私自身も成人した子どもが3人おりまして今はまだ二十代の前半ですから私も気にしていませんけど、やがて自分が普通なら定年退職にさしかかる年齢になりまして、残りの人生の年数を気にするようになりましたら、やっぱり多少は子供の結婚の事を心配してしまうのでしょうね?

まぁ今は結婚しても5組に1組は離婚するらしいですし、DV(ドメスティックバイオレンス)なんていうものは全然減らないそうですし、経済状況は右肩下がりに入ってしまったようで10年後、20年後の将来設計が難しい状況ですから、結婚願望を持たない人も増えているかもしれません。

誰が言い出したのか結婚難民なる言葉が有りますが、果たして単にマスコミが勝手に難民呼ばわりしただけで本当は結婚したくない人が増えたのか、やっぱり結婚願望が有っても相手が見つからない人が増えたのかその辺りは良くわかりません。

でねはっきり言って子供を早く結婚させたいのでしたら大雑把には方法は2つしか無いのでありまして、一つは仕方が無いので親が一生懸命婚活に励みまして見合いを持ってくるとか、無理矢理でもお見合いパーティーに引っ張り出すなどの強制的な方法か、もしくは家から追い出しますと結婚願望が芽生えてくることも多いと思います。

私自身の話をしますと結婚など全然考えていない状態で実家をでまして一人暮らしを始めたのですが、一人暮らしを始めて1年も経たないうちに結婚願望が心のなかに持ち上がって参りまして、無事相手を見つけることが出来たのですけど、あのまま実家にいたら未だに独身だったのかもしれないです。

やっぱり孤独を感じるとか家に帰っても誰もいない殺風景な部屋で一人でコンビニ弁当でも食べていたら、大概の人は結婚願望が持ち上がってくるのでは無いでしょうか?

まぁ何と言いますか結婚相手が見つからないからなんて言い訳?をする人が結構いると思いますが、やっぱり結婚願望がなければ元々結婚相手を探す気が無いのですから見つかるわけもなく、昔話のように勝手に向こうから結婚相手がやってくるわけはないのですね。

まぁいまの若い人も大変ですが両親も大変な時代なんですよね。

このページのAI朗読(字幕付き)