自分の魅力を見せる方法と発見と婚活

何故かこのコラムを書こうと思った途端に小学校の国語に時間に出てきた”ないた赤おに”の物語を思い出してしまったのでありますが、これは婚活とは全く関係がなくて人間と友達になりたい赤おにがお菓子を用意して人間を誘いましたが誰も警戒して来てくれないもので、友達のもっと優しい青おにがサクラになって街に出かけて暴れたところを、ブックの通りに赤おにが現れて青鬼を追い払って人間と友達になれるってストーリーだったんですけど、何だか小学生に嘘も方便と言いますか他人の役に立つためには時には八百長試合も許されるって事を教えたかったんでしょうかね?

さて実際の婚活コンサルティングの専門家はないた赤おにみたいなことはやらないでしょうけど、何らかのきっかけが無いと自分の魅力とか良い所を見せられない訳で有りまして、顔やスタイルなど見かけが良くて笑顔が素敵で誰もが一目惚れしちゃうような美男美女なら話は別ですけど、基本的には殆の男も女もこいつは何の取り柄が有るのだろうか?てな感じで外見からは想像出来ないじゃないですか?

例えば男性の場合でしたら実は上司にお世辞を言って取り入るのが上手で仕事は大して出来ないけど、よいしょは上手いのでゴマをする上司の選定さえ間違えなければ出世は間違いなしだとか、味音痴で何を食べても不味いと思わないのでどんなに料理の下手な人が奥さんになっても大丈夫だとか、家が代々貧乏なのでお小遣いが少なくてもやりくり出来るだとかね。

女性の場合でも実はとっても嘘を付くのが上手なので一生あなたを幸せに騙し続けてあげるとか、スーパーで買ってきた惣菜をいかにも自分の手料理のように見せかけるのが上手だとかね。

まぁそういった自分の魅力っての自分から話すのも何だか自分の魅力を自慢するみたいで拒否反応を起こされそうですし、親しい友人に頼みまして自分の魅力を相手に見せることが出来るような状況を作って貰うなんてのも、そう簡単ではないのでしてもしかしたら自分の魅力に気がついてくれば、好きになってくれる異性が出てくるかもしれないですよね。

ただその前に自分の魅力に全く気が付いていなくて、自分は何の取り柄もなくて魅力が無いなんて思っている人も多いような気が致します。

ですから自分の魅力を発見してくれてその魅力を効果的に相手に見せる方法を指導してくれるコンサルタントがいれば、婚活も怖くないのでは無いでしょうかね?

では健闘をお祈り申し上げます。

このページのAI朗読(字幕付き)