見栄と貯金と婚活と婚活費用

金の切れ目が縁の切れ目なんて古くから有る言葉が有りますけど、恋愛感情を持っていると言いましても幸せな家庭生活を営むためには、やはりある程度の収入が確保出来ませんと家庭の維持すら出来ないのが現実なので有りますから、時に女性の場合は容姿とか学歴とかの諸条件以外にやはり男性の経済力にも目が行ってしまうのは仕方が無いことだと思いまして、今回のコラムでは見栄と貯金と婚活について考えてみたいと思います。

でですね婚活中の男性は服装にも気を使って洋服にお金を使ったり、食事に誘うときもマクドナルドや吉野家なんかは避けてそれなりのレストランへ出かけたり、デートでもかかるお金になかなか割り勘でって口にだすことは出来ないのでありまして、なんと言いますか婚活費用ってのも馬鹿にならない額になってしまう事も有るのではないでしょうかね?

もちろん更に結婚相談所のような婚活支援のサービスを利用した場合などですと、プラス入会金ですとか成約時のお支払いですとか、下手すると中古の自動車が変える程度のお金が必要になってしまうのでありますから、婚活ってのはやる気以外にも経済的な負担も覚悟する必要が有るのではないでしょうかね?

なんと言いますか、私が思うに男性の場合ですが有名な企業に勤務している人でしたらそれなりの収入があると思いますから、婚活費用もなんとかなると思いますししっかりした企業に勤務しているって事で婚活も比較的スムーズに事が運ぶと思うのですが、それほど多くの収入の確保が出来ていない男性の場合は、婚活費用と貯金と見栄との狭間の中で苦労するのではないでしょうか?

なにせ結婚して二人の生活をスタートさせるって事にもなりますと、住居の確保に始まりましてなんだかんだと出費がかさみますし、子どもが出来たなんてことにもなりますと、それはもう金銭的に出費がどんどん湧き上がって来てしまいますので、結婚前にある程度の貯金が出来ていないと、甘い新婚生活を送るどころか金銭的な工面に苦労するって事になってしまいますからね。

そう考えますと婚活費用をどんどんつぎ込んで無事パートナーが見つかりそうになっても、貯金が無くてどうも結婚して生活を維持することが難しいのではないかなんて事態が発生してしまいましたら何のためにお金をつぎ込んで婚活に精を出したのか分からないなんて事になってしまいますので、このあたりも計画性が必要だって処ではないでしょうかね?

では皆様のご健闘をお祈り申し上げます。