職場結婚が多い会社

今でも言い伝え?が生きているのか甚だ疑問なのですが、確か良い会社ってのは職場結婚が多いって事を聞いた事がないですか?

その理由ってのは、良い会社で給料が良くて安定した業績の企業でしたら、女性のほうがこの会社に勤めている男性なら結婚しても将来は安心だって事で、社内の男性を結婚相手に選ぶ事が多いからなのだそうで、そーゆー話は良く聞いていましたから、たぶんその職場結婚率が高い企業の人が、自分の会社を自慢する時にその手の話をしていたのでしょうかね?

でね、何だかものを言う株主が増えて来たって話しもありますし、何だか出来の悪い劣化コピーのような経営コンサルタントが多数闊歩しているからなのか、どうも職場に余裕が無くなってきておりまして、社内恋愛が御法度って事じゃ無いでしょうけど、効率重視とか能力主義だとかとにかく全力で仕事に取り組んで、社内の異性に色目を使う事が昔より厳しい目で見られる事が多くなったような気が致しますが、そろそろ再度考え方を切り替えても宜しいのでは無いでしょうかね?

つまりその、結婚目的の腰掛け気分の女子社員ばかりになってしまうのも何ですけど、それでも社内結婚率が高い会社ってのは、リクルート戦線でも優秀な学生が多く集まってきそうですし、何となく異性の目を気にして居る男性社員ってのは、やっぱり成績が悪いとか社内で上司に叱責されてばかりじゃさまにならないですから、結構一生懸命に働いちゃったりするのでは無いでしょうかね?

それにまぁ企業ってのは社会貢献しなくちゃいけないって厳密な取り決めがある訳じゃ無いですけど、職場結婚が減ったお陰で結婚難民が増加した要因の一因になっているような気がしますし結婚できない男女が増えると当然の事ながら、生まれてくる子供の数もどんどん減少致しまして、日本全体が老人大国になってしまって活力が失せてしまったり、経済的に停滞しちゃいますから、企業も社会貢献の一環として、少しは社内恋愛とか職場結婚を温かい目で見ても良いのでは無いでしょうかね?

ただし職場恋愛の場合は、他の回りの社員が仕事をやりにくいとか、当人同士ももしも恋が破局に終わってしまっても、どちらかが会社を辞めない限り別れても毎日同じ職場で、顔を合わせて働かなくちゃいけないってつらい毎日が待っている可能性も有るのですよね。

おっとこんな事を書いてしまいますと折角頑張って職場恋愛しようって心に秘めている人の決意を砕いてしまうかもしれないですね。