婚活サイトと本人確認方法

需要(ニーズ)有るところには必ず供給する業者がいつかは現れて、時に複数の業者での競争に発展してサービスの向上に繋がるわけですけど、今流行の?婚活サイトにおきましては今まで氾濫していた出会い系のサイトと違って、本人確認をしているので安心安全をうたい文句と言いますか売りにしているのだそうですけど、中には運営している企業の実態がよく分からなかったり、個人的には本人確認も大丈夫かな?って思うような所がありますよね。

まず本人確認なのですが、運転免許証とか保険証で本人確認をしているようですけど、個人的な感想ですけど原本を手にしないでコピーの郵送やFAXで大丈夫なのって思ってしまいますね。

まぁはっきり言ってインターネットに接続して情報を収集できるくらいの人であれば、スキャナーで取り込んだ免許証や保険証や住民票の記載された内容を書き換えるくらい朝飯前だと思いますし、FAXとかコピーされた物を記載事項に嘘偽りないかどうかを確認する術も無いのでは無いでしょうかね?

たぶん、インターネットで個人の確認をしっかり行うとなりますと、クレジットカード情報と免許証もしくは保険証の情報を貰って照合してなおかつ電話をかけて最終的な本人確認をしない事にはまず誤魔化そうと思えば、なんとか誤魔化せてしまう世界では無いでしょうかね?

そのあたりは会員獲得と本人確認から来る安全性の両立って事で婚活サイトのほうも色々考えて居るとは思いますけどね。

しっかしまぁ婚活サイトって事になりましたら、商業ベースとはいえ少子高齢化の進行を少しでも食い止めて、結婚難民を減らすために日夜頑張っている社会的に意義のある仕事って事になりますが、逆に単に男女の出会いをサポートするサイトって事になりましたら、それはまぁ社会から排除しても構わない怪しげな出会いサイトって両極端の評価になってしまうので有りまして、中々面白いですよね。

追伸
聞くところによると今のペースで時が進むと、もの凄い勢いで日本の人口は減少してしまうそうですから、官による民間企業の圧迫と言われようと何しようと、国による結婚支援の充実、そうですね丁度ハローワーク(職安)のような組織を作って、結婚難民対策を致しませんと、大変な事になってしまいそうな予感がするので有りますね。

ただ私の仕事館みたいなわけの分からない箱物に税金が投入されて無用の長物になる二の舞が出来そうな気も致しますけどね。