結婚力とは

新しい言葉を作るのが大好きなのは広告代理店とかマーケティング関係に従事する人達だと思ってますけど、最近になりまして結婚力って言葉が目に付きようになって参りまして、今回のコラムではその結婚力って言葉について考えて見ようと思います。

で何でも結婚力ってのは結婚相手が見つかりやすいかどうかとか、最終的に挙式を上げて入籍するまでたどり着ける力がどの位あるかって指数?らしきものなのだそうですけど、まぁ経済力とか容姿とか積極性とか長男か長女かそれ以外か、現在の年齢とかまぁ様々な要素で結婚力が決定されて、年齢が上がるにつれてたぶん結婚力が低下するとか、経済力が上昇すると逆に結婚力が上昇するとかそんな感じなんでしょうけど、そんなものを持ち出して何の役に立つのかって部分はよく分からないのですよね。

もしかしたら、あなたは結婚力が低いから早くから婚活しないと正真正銘の結婚難民になってしまうよって感じで焦らせて行動を起こさせようって事なのかもしれませんし、あなたくらいの結婚力だったら贅沢な事言わないで、さっさとチャンスが有ったら誰とでも籍を入れちゃいなさいって背中を押したいのかもしれないのですけど、はっきり言って結婚力なんてのは大きなお世話以外に何者でもないって存在ではないでしょうかね?

もちろん、普段から誰にでも好かれる生活態度や人との接し方に気をつけるとか、身だしなみに気を配るとか、仕事には一生懸命打ち込んでより多くの収入を得るようにして経済的に優位に立つとかの、普通に人生においてやるべき事は、ちゃんとするって事を否定するつもりは一切無いですけど、結婚力なんて訳の分からない指数を気にして行動しても仕方が無いように思うのは私だけなのでしょうかね?

何と言いますか、少子化が叫ばれる以前はパラサイトシングルなんてのが登場して、結婚して苦労するよりも独身で過ごしたほうが良いのでは無いか何て人が、マスコミの影響で随分出てきたような気がしますし、時が流れて今度は結婚難民だの結婚力だの何だか騒ぎすぎのような気が致しますね。

追伸
多くの場合は結婚なんてのはたまたま運が良かったとか、勢いで結婚してしまったとか、何となく気の合う女性(又は男性)に巡り会えたとか、それほど厳密に原因や要因を分類しても仕方が無いような、発端である場合が多いと思いますので、まぁ下手な鉄砲も数打ちゃ当たるって事が結論でも良いのかもしれないですね。

このページのAI朗読(字幕付き)