婚活ルック

えっと就職先を探す時とか採用面接に出かける時に着るのはリクルートスーツとか就職ルックで、国の省エネ対策で省エネルックなんてのも有りましたけど、どんどん商業化と言いますか企業が儲るって事で参入が多くなっている婚活市場にももしかしたら婚活ルック的なものが出てくるのでは無いでしょうかね?

つまり合コンに行く時の服装をコーディネイトするとか、お見合いの席に何を着ていったらよいか分からない人のために、お見合い当日に着ていく服をお見立てするとか、そんな感じで婚活ルックみたいなものが出てこないでしょうかね?

なにせ日本人の特徴の一つと言われる中で、他人と一緒なら安心ですって所がありますので、そのうちに婚活ルックなるカテゴリーが出てくるような気がしますし、結婚相談とか婚活支援関連の営利企業とアパレル関連の企業が提携か何か致しまして、お勧めの婚活ルック何てやれば、それなりの売上げが上がるのでは無いでしょうかね?

でね、その昔何処かで聞いたか本で読んだ記憶の話なのですが、人間の感性とでも言うのでしょうか、初対面の相手に対する印象ってのは、やはり見た目でもって相当の判断されてしまうのでありまして、ぱっと見て何だか気に入らない奴だなって思ってしまうと、中々そのイメージが反転することは難しいらしく、逆に初対面でぱっと見で好意を持つとスムーズに友好的になれるって聞いた事が有りますが、結構この分析は当たっているのではないでしょうかね?

つまりその職場結婚とか同級生とか時間をかけてお互いを知るって形のゴールイン(結婚)が減って来て、合コンとかお見合いとか一番最初の出会いの段階で、一発勝負みたいなハードルが待ち構えているってのも、中々大変な所ですね。

それとその昔でしたら、お見合いの席に着ていくものってのは、和室だったら和服か男性の場合は背広で、レストランなど椅子に座る場所でしたら洋装ってある程度決まっていたと思いますけど、お見合いパーティだとか合コンだとかって、婚活の範囲が広がってきますと、着ていく服にも悩んでしまいますよね。

追伸
最近は馬子にも衣装って言葉を使わなくなりまして、たぶん職業差別だから馬鹿かばチンドン屋って言葉と一緒で放送で使えない禁止用語なのかも知れないのですが、伊達に諺になっているのではありませんから、やはり身なりや服装で本人のイメージが大幅に違ってしまうのは間違いないのでありまして、この手の現象が生じるのは人間だけなのですよね。