婚活の必要性について

私の場合は時代が良かったのか随分と若い頃に結婚してしまったのですが、結婚難民なんて言葉が生まれたのとほぼ同時期に婚活なんて言葉まで生まれて参りまして、言葉で定義されて雑誌などで煽られてしまいますと、何だかまだ20代前半でも早めに婚活しておかないと、伴侶が捕まらなくなるかもしれないって思い浮かんでしまうようですが、今の若い人は就職も大変だし年金は貰えるかどうか分からないし、婚活しないと結婚相手が見つからないかもしれないって感じで煽られて可愛そうだなって思いますね。

で今回のコラムの本題は果たして回りが騒ぐほど婚活が必要かどうかって事について書こうと思うのですが、折しも報道では千葉ロッテマリンズが婚活シートなる観戦席を企画したとの事で有りまして、うーんこうして官民挙げて婚活を応援すれば少子化傾向にも歯止めがかかるのか、やっても意味がないのかやってみないと分かりませんが、無茶苦茶焦る必要は無いけど、成人してその気があったら多少は婚活の事を頭に止めておく必要が有る時代になったって所でしょうかね?

でね、何と言いますか今で言う結婚難民みたいな人は昭和の時代から間違いなく存在していましたし、たぶんその前の時代でも結婚難民は存在していたのは間違いないと思うのですが、もしかしたら昔の日本人は子沢山が当たり前だったから人口はどんどん増えていて、少々結婚難民が出ていても全く問題が無かったのに、少子化って事で人口が減ってきたので結婚難民がクローズアップされてきたって事では無いでしょうかね?

確か物の本によりますと江戸時代は独身のまま一生を終える男性がとっても多かったと聞きますし、少子化って事で女性の生涯出産人数みたいな数字は発表されますけど、独身のままで過ごす人の割合とか発表されませんからその辺りがよく分からないのですよね。

それと今のような先が見えない社会情勢ですし、子供の養育費はもの凄く生活を圧迫しますし、堂々と独身で通すって主張も有りだと思うのですが、そんな人が増えてしまいますと日本は先進国から転落してしまうのでしょうかね?

追伸
ごく普通の人が週に5日間働いて奥さんは専業主婦でも子供の二人や三人は余裕で大学まで通わせる事が出来る国であれば、まぁ婚活支援なんてしなくても自然に結婚する男女が増えて人口も増加するのでは無いかと思うのですが、じゃあどうすればそーゆー世の中になるのかと聞かれましても、そんな理想郷の成立に成功した国は未だに出ていないのですよね。