ネット上の恋人(こいびと)探し

えっとインターネット上に変人(変人)はそれこそ探さなくても一寸掲示板やブログを見ればたちどころに見つける事が出来るのですが、字の見た目は非常に似ている恋人(こいびと)探しのほうは、これがまた非常に難しいので有りまして如何にも怪しい異性からの迷惑メールですとか、その手の出会い系のサイトは沢山存在して居ますが、何せサクラに小遣い稼ぎに始まって恋人探しに躍起になっている男性(又は女性)から大金を巻き上げようと巧妙に罠や仕掛けを張って待ている悪徳業者まで色々と入り乱れているのでありますから、もしかしたら実社会でリアルに探すよりも、ネット上で恋人を探す方が余程大変でデンジャラスなのでは無いでしょうかね?

ただ聞くところによりますと、どうもインターネットの画面に向かって恋人を探そうとする人は一向に減らないようですし、少子化対策とか高齢化社会を何とかしましょうって事でしたら、やはり独身男女が何らかのきっかけで出会って交際してそのうちの何割かが結婚までゴールインしない事には婚外子以外に中々子供が生まれてこなくて少子高齢化がどんどん進んでしまう訳ですから、国の直轄事業か何かでネット上の恋人探しを後押しする仕組みを作り上げても良いのでは無いでしょうかね?

つまりそのネット上の恋人探しにおける最大のネックは身元保証と個人情報の保護に尽きると思うのですが、これを民間の営利企業に任せてしまうのはどうかと思います、何よりもその手の結婚情報サービスの場合は営利目的ですからそれなりの金額になってしまうので有りまして、まぁ官による民間企業の圧迫になってしまうと思いますが、過去の歴史を見てもこれほどのスピードで高齢化が進んだ国家は無いそうで、極端な話をする人でしたら国家が滅亡するとまで言っていますので、もうおっとり少子化対策するなんて猶予はなくて、とにかく結婚して子供を作ったら子供が成人するまでは最低限の生活を保障するくらいのことはしないと、かなり日本は危ない状況なのでは無いでしょうかね?

それとついでに書いておきますが最近は婚活なんて言葉も出てきまして結婚相手を探すって活動をそれなりにおおっぴらに出来るようになってきましたが、未だに恋人募集中って感じで積極的に活動するって事を隠しちゃう人も少なく無いのですが、少年老い易く学成り難しって言葉も有るように、若い頃なんてあっという間に終わってしまって気が付いたら中年男女になっているのが普通なのですから、もっと焦っても宜しいのでは無いでしょうかね?