地味婚は経済的か?と黒字婚

とあるブライダル関係者の方とお話しする機会がありまして話題がたまたま地味婚が増えているってところに及んだのですが、まあブライダル関係者が言う事なので、話半分に聞いておいたほうが良いと思いますが、何でもお金がないから地味婚って発想は間違っているのだそうです。

まあ只でさえ大不況で地味婚が増えて結婚式にかける費用が急降下して、息も絶え絶えな状況に陥っている件のブライダル関係者は、多分想像するに何処に行っても会う人に同じ事を言って回って居るのだろうと思いますが、とにかくお金がないのだったら全く一切の挙式も披露宴もやらないで役所に婚姻届けを出すだけにするか、もしくはできるだけ沢山の人に披露宴に来て貰ってご祝儀でもって黒字婚にすべきなのだそうで、地味婚なんて誰が言い出したのか分からないようなブームに乗ってごく内輪で少人数の結婚披露パーティーなんてのはやらないほうが良いのだって言ってました。

まあその道のプロに話ですから概ね正解なのだと思いますが、黒字婚を目論んで挙式を行うカップルはともかく、そーゆー考えの元に対して付き合いも深くない相手に披露宴の招待状を送りつけられた人は冗談じゃ無いですよね。

個人的な意見としましては挙式を計画する段階で黒字婚を念頭に準備するのはさもしいと思いますし、その昔のバブル経済の頃までに必要以上に過度な演出や過剰になった挙式は無くなるべきだと思いますし、離婚率も随分と高くなっているようですから、例えば結婚して5年とか10年経過とかそーゆー節目でのイベントでもやったらどうでしょうかね?

さて本題の地味婚は経済的か?って話題についてですが、まあ結婚式、披露宴をお金集めのパーティーと考えれば確かに地味婚では非効率で別のやり方で黒字婚を目指す道も無いのでは無いのですが、まあ銭勘定を披露宴でやっているようでは幸せな将来は約束されていないでしょうし、金の切れ目が縁の切れ目って人生になってしまうのでは無いでしょうかね?

ですので別に結婚なんてものは経済的かどうか何て事は一切考えないで、地味婚だろうと派手な演出の披露宴だろうとそれとも、一切その手の事を行わないで役所に婚姻届けを出すだけだろうと、好きな方法を選びまして、末永く幸せに暮らせばよいのでは無いでしょうかね?

日本はそれよりも結婚難民の増加で少子化、人口減と緩やかな滅亡へ道を歩んでいるのでありまして、式の内容がどーのこーのよりも何でもいいから結婚しろって事なのでしょうかね?

このページのAI朗読(字幕付き)