格差婚(格下婚)家柄と結婚

一体誰がネーミングしたのか知りませんがお笑いタレントの陣内智則さんと女優の藤原紀香さんの結婚は格差婚なんだそうで、今回のコラムではその格差婚について考えて見たいと思います。

でまずその格差婚とは、結婚する男性と女性の間に収入ですとか、よく分からない家柄だとかそーゆー部分で釣り合いが取れないと言いますか格差が大きいカップルの結婚を指すのだそうで、念のために書いておきますと夫婦間の身長差が大きい場合は格差婚とは言わないで蚤の夫婦と呼びますし、片方が人間で片方が人魚だったりする場合とか鶴とか雪女が嫁に来る場合も格差婚とは言わないのだそうですが、どーして男性の人魚は一切出てこないのでしょうかね?

でね格差婚って言葉は最近出てきたのだと思いますが、そもそも親がたまたま資産家だったとか、だいだい地方の名士だったとか結婚する本人に関係のない所で勝手に外部の人間が格差婚だのどーのこーの評するのは、ひがんでいるのか嫉妬しているのかよく分かりませんが、結婚する二人に対してとても失礼な事だと思いますし、もし結婚する本人が自分たちは格差婚だってどちらかが思っているのでしたら、さっさとその婚約は破談にして、無かった事にしてしまったほうが良いのでは無いでしょうかね?

私が思うに格差婚って他人の事を堂々と評しても構わないのは江戸時代に厳しい身分制度の中で武家の娘が農家の嫁に入ったとか社会の構造そのものが、格差を前提としたと言いますか身分制度が有った時の身分を超えた結婚の場合だけでは無いでしょうかね?

でね、差別とか身分制度ってのを否定しているのが今の日本だと信じたいのでありますが、マスコミが自ら格差婚って言葉を何のためらいもなく使って、他人の結婚を評しているって事はやはり心の何処かに、人間に優劣や序列を付ける意識が残って居るのだと思いますし、これを無くそうと思っても並の人間では無理でしょうね。

つまりその格差婚って言葉の根底には、差別だとか優劣を付けるとか、人間心の底にあるとても良くない部分が言葉に表れているのでは無いかと思うので有りまして、こーゆー言葉は使わないようにしましょうね。

追伸
ドレイ解放宣言がなされてから既に100年以上の年月が経過していますが、差別や偏見は一向に根絶できる気配すらないようですし、そんなかで新たに格差婚なんて表現が出てくるようであれば、こーゆー感情は無くならないって事で諦めるしか無いのでしょうね?

追伸2

婚活だの結婚難民だの格差婚だの名前をつけちゃう事が大好きな人が多いらしくて、なんでも最近では格下婚ってやつが出てきたようです。

格下婚とは男性と女性の間で経済的に女性のほうが高い場合を指すのだそうですけど、何だか収入の過多によって格下だとか格上だとか人間の格を決めるなんてのは考え出した奴はよほど人間性に問題があるのか経済的な部分でしか人間の価値を測れないような人だと推測致します。

しっかしまぁ格下婚の定義については詳しいことは知らないのですけど、仮に経済的な収入だけで上下関係が決定されるのでしたら例えば何らかの理由で女性側の収入が無くなるとか、男性が頑張って収入面で追い抜いた場合には立場が逆転するって事になるのでしょうか?

確かに結婚した男女が共働き状態でお互いの収入の差によって微妙な関係ってのは存在はしますけど、それを口に出してしまうような事は普通はしませんし、そんな事を普段から考えて夫婦生活を送っているようでしたら将来が不安ですし、子供の教育にもよくないような感じが致します。

私が思うに日本に限らず多くの国において結婚した夫婦で男性には収入が有って、女性には収入がないもしくは少ないってことで家庭生活で男性側がイニシアティブを握るとか、お父さんを例えて一家の大黒柱なんて呼び方をしてきましたけど、こんな考え方を改めまして夫婦は平等で別に経済的な収入面で格上とか下とかを考える奴は愚かなんだよって考える社会にしなくちゃいけないのではないでしょうか?

さらに格下婚について書きますと、まさか本人に向かってあなた達夫婦は格下婚だよね?なんていう不届き者はいないと思いますけどこんな言葉が世の中に一般的に広まってしまいましたら本人たちは意識していなくても、なんとなくそんな感じの夫婦生活になってしまうかもしれませんし、特に男性としては悲しい気持ちになってしまうのではないでしょうか?

まぁ何かといえばお金に換算するのが好きな人は、まぁ人間性に問題が有るって思って相手にしなければ良いのではありますけどね?

追伸
主夫って呼ぶのでしたっけ?女性が働きに出て男性は家にいて家事をこなすって夫婦の形態があると思いますけど、じゃぁこれが格下婚かっていわれるとやっぱり違うように思うのでありまして、本人たちが納得して営んでいる生活様式や状態に勝手にネーミングして時にはそれが蔑視に繋がるような事は控えた方が良いのではないかと思いますね?

家柄と結婚

確か私の記憶によりますと日本は封建時代が終わって近代国家に脱皮したと思いますが、未だに家柄を気にする人は大量に存在するので有りまして、それが結婚の障害になったり、閉鎖的な社会の形成に繋がっていると思いますが、なにせ家柄を気にする人々は社会的上流部に存在して居ますので、ここでこーやって批判をしても何も現実は変わらないのですよね?

まず根本的に家柄とは何かって部分ですが、狭い意味においては先祖の氏素性ですしもう少し広い意味では、世帯主の収入や職業などを含めて家柄と考えるようです。

まあ幼少期の家庭環境がその人の人格形成に大きく影響を与えるのは確かでして、両親から暴力をうけて育った子供は大人になてから自分も暴力をふるう事になる場合が多いって調査結果がアメリカで発表されたりした記憶がありますので、家柄に拘りたい人が家柄に拘るのは多少は理解出来ますが、そんな気持ちは心の中にしまっておいて口に出してはいけない事でありまして、もし自分以外の他人に対して家柄の違いについて言葉に出してしまうような人であれば、人間として軽蔑されて当然だと思いますし、かなり人間性に問題が有る人でしょうね?

ただね、封建社会が終わって現代国家に変わった今の日本において、更に大きな格差社会が始まろうとしているのでありまして、結婚と家柄の違いによる問題は更にこれから大きくなって来るのではないでしょうか?

はっきり言って家柄の違いを理由にして結婚を反対するような両親が存在するとしたら、なんと心が貧しいのだと思うのですが、現代における家柄の違いは氏素性よりも経済的な状況を重視する傾向に変わってきていますので、結婚する本人が相手の実家の家柄を気にする場合も増えてくるような気もしますし、仕方が無い部分も少し出てきてしまうかも知れないですね。

中々結婚ってのは本人同士が結婚するのだと言っても、相手の両親との付き合いを一切しない訳にもいきませんし、実家同士の親戚付き合いも避けて通れませんし、家柄を気にする人の思考回路や考え方を変える事もこれまた出来ませんので、中々難しい問題である事には間違いないですよね。

追伸
うちは代々伝わる庄屋の家系だとか威張っているぶんにはまだカワイげがありますが、既得権を振り回してみたり他人を見下してみたり、差別するようなやつにろくな人間は居ないのでありまして、相手にしたくないところでしょうがそーゆー奴に限って権力を持っていたりするのですよね。

このページのAI朗読(字幕付き)