同性婚の方法と新証明書発行

結構大きくニュースで取り上げられましたからご存じの方も多いのではと思いますが、えっと海外では同性婚・・って言っても鈴木花子さんと鈴木一郎君が結婚する同じ名字の男女が結婚する事を指すのではなくて、男性同士とか女性同士が結婚する事を認めている国があるそうでしてスペインとかオランダとかアメリカの一部の州でも認めているのだそうですね。

でね、私の乏しい知識からの書き起こしなので怪しいのですが、日本人が海外で結婚をする場合には、お上(政府・法務省)にお願いを居たしまして証明書を発行して貰う必要があるのだそうで、証明書と言うからには何かを証明するのでありまして、その内容はこやつは結婚できる年齢でかつ現在独身だから結婚させても大丈夫だよって事を証明するそうです。

でねこの報道で間違えそうなのが、別に日本の法改正が行われて日本人同士での同性婚が認められるようになった訳ではなくて、片方が日本人でもう片割れが同性婚を合法的に認められた国に住む外国人で、そーゆー場合に必要な証明書を発行してもいいですよって事らしいので有りまして、じゃあってんで日本人の女性同士とか男性同士が同性婚が認められて居る海外へ行って、まあお金を払えば結婚式はやらせて貰えると思いますが、日本では同性婚は認められておりませんから、帰国して最寄りの市役所に出かけて婚姻届けを出そうとしても、同性婚の場合はその場で却下されてしまうので有りますね。

しかしまあ人間は動物の種類の一つに過ぎないって事を忘れてしまったのか、種の存続に興味を失ってしまったのか、何時の間にか同性婚なんぞを合法化する国が現れて来てしまいまして、家庭の姿だとか家族だとかもう何が何だか分からない状態が普通になりつつ有るって何だか変ですよね。

でね、驚くべき事に日本の政治家の中にも同性婚を認めましょうよって考えを持っている輩が居るのだそうで、そーゆー事に賛成して妙な運動をするよりも、ちゃんと家族とか家庭とかが正常な姿で構築できる社会を目指すべきだと思いますけどね。(どーゆー思考回路で同性婚を正当化出来るのか私には理解できないのです)

追伸
どーしても社会の状況や変化に対応して同性婚を認められるように法律の改正、つまり法改正するのでしたら婚外子を認めると言いますか、婚外子でもそうでない普通の家庭の子供でも、保護を厚くして子供を産んで増やして国力を維持できるように致しませんと、あと100年もしたら日本は滅亡してしまうのでは無いでしょうかね?