バーチャル恋愛コーチング連載中

結婚運は存在するのか?

今回のコラムは結婚運は存在するのかってテーマなのですが、婚活ですとか結婚運ですとか相性判断とか結婚占いとか、結婚難民が増えるに従いまして独身の男女を取り巻く状況は騒がしくなって来るので有りまして、あなたの結婚運を無料で判定します!みたいな占いはどう考えても独身で結婚願望のある男女を集める為の手段にしか私は感じないのですけどね。

そもそも結婚が出来ないのを結婚運がないからって運のせいにするのもおかしいと思いますし、診断(占い)の結果、結婚運が好調だとしても結婚できるかどうかは相手が有っての事ですから、実際の所は何とも言えないのでは無いでしょうかね?

更に気になる所を書きますと、もし診断(占い)の結果、自分に結婚運がないと結果が出てきたら、祈祷して貰えばよいのか開運のお札を購入すればよいのか、三べん回ってワンと言えば良いのか、果たしてそれで結婚運が上昇するのか疑問だらけなのですよね。

まあ占いの類は全く根拠のないものが大半だと思って居ますが、一応中には統計学が元になっているってほんの少しだけ納得できるような理由がある場合が有るのですが、私が一寸みた結婚運の占いは生年月日から判定するような代物でしたから、まあ統計上の根拠はなさそうですし、同じ日に生まれた人なんてもの凄い数の人数ですし、地球が丸くて時差の関係も有りますので同じ瞬間生まれた人でも、地球上の場所によって日付が一日違っていたりするのですから、まあ遊び程度に考えておけば良いでしょうね?

溺れる者は藁をもつかむ諺が有りますが、藁を掴んでも何にもならないのですから、結婚運を気にして居る位なら鏡の前で笑顔の練習をするとか、誰かにアプローチして当たって砕けてみるとか、伝を頼って行動してみるほうが有意義でしょうね?

追伸
聞くところによりますと、海の向こうアメリカではなんと結婚相手の募集に新聞広告を使う人が結構居るとの事でして、顔写真から連絡先に趣味まで堂々と告知しまして、結婚相手の募集を行うそうですね。

過剰とも思える個人情報の保護やプライバシーを守る日本からみれば考えられない事のような気が致しますが、このような方法でしたら新聞や雑誌に掲載する費用だけで、日本の結婚相談所のような金額が発生する事も無いでしょうし、なによりそのくらいのバイタリティと行動力があれば、結婚相手も見つかるのでは無いでしょうかね?

このページのAI朗読(字幕付き)