貧乏と結婚の関係

今回のコラムはラジオで誰かが言っていた受け売りが大元ですが、その昔は貧乏人の子沢山とかいう話も有りましたし、貧乏だから結婚するって動機が存在して居たそうです。

現代でも発展途上国など貧しい国と先進国を比べますと、全てと言って良いほど大部分の先進国では少子化に直面していて、逆に貧しい国ほど人口の増加が顕著な場合が多くて日本も今のところ一応先進国ですから、未婚の男女が増えてと言いますか結婚できない日本人が増加していますよね。

しかし日本の結婚適齢期の男女を考えますと、非正規雇用の状態で働く方が半数を超えようとしている状態ですし、若年層の賃金は据え置かれたままの状態ですから一部を除いて経済的に裕福とは言えない独身者が増加しておりますが、成婚率が上がるどころか結婚難民と言われる人が増えていて、その理由の上位に経済的に結婚しても生活できないって事が上がってますよね?

つまりその、昔は一人じゃ食えなくても結婚して二人の生活になればお互い支え合って何とか生活が出来たって図式が成立したと思います。

ですが現代ですと両親の実家に同居していれば、非正規社員で働いていても充分優雅な生活を送れますから、余程素敵な相手が見つからない限り実家を出て結婚しようとは思わないって所でしょうかね?

まあ昔と今では貨幣経済の発達の度合いが全然違いますし、夫婦喧嘩の原因の上位に経済的な問題が有るようですし、貧乏ですと夫婦の間が冷めた関係になりやすいって話も聞きますし、私は既に妻帯ですがもし自分が貧乏で独身だったら結婚するかって聞かれたら、結婚できないと答えますけどね。

そうしますと、今の日本は社会が二極化して貧しい未婚者が増えて人口が減って更に国力が落ちていくって国全体が没落の方向に進んでいるって行っても良いのでは無いでしょうかね?

少子化対策に関してはエライ人が色々考えて居るようですが基本的に結婚しないと中々子供を作らないわけで、経済的に独身者を豊かにする事は無理でしょうが、貧乏でも結婚したほうが良いよって環境を作る事も必要かもしれないですよね。

追伸
このコラムを書いていて、ふと思ったのですが国で近所のお節介叔父さん、叔母さん養成所みたいなものを作って、適齢期になった男女を結びつけるお節介な叔父さん叔母さんを養成してしまって、成婚数に応じて報奨金を作るなんて制度は・・出来るわけ無いですよね。

ただ、背中を押す人の存在が居なくなった事が結婚難民を増やした原因の一つだと思いますけどね。