バーチャル恋愛コーチング連載中

地味婚とレストランで結婚式

盛大な結婚式を行ったのに翌年には離婚なんて事例が増えているかかどうかは皆目不明ですが、地味婚と言われるひっそりと質素に結婚式を執り行う人や、結婚式場を利用しないでレストランで結婚式を行うレストランウェディングが、ジワジワと勢力を拡大しているようですね。

レストランウェディングは単純にレストランを貸し切りにしてもらって行うだけの形式だったり、元々はレストランだったところがウェディングに力を入れるようになってそーゆーコースを選べるようにしたのを利用する場合が有るようですが、堅苦しくなく料金も安く(黒字婚にし易い?)、レストランですから料理も美味しくってことでそのうちに結婚式の主流になるかもしれませんね?

まあ思うにバブル経済真っ盛りの頃が最も凄かったのだと思いますが、ごく普通のサラリーマン世帯の男女が何百万円もかけて、大きな結婚式場で盛大な披露宴を執り行う事のほうが、おかしかったのでありまして、結婚してからの生活もどうなるのか誰も分からないのですから、近所の神社で式を行って町内のレストランでも料理屋でも貸し切って披露宴を兼ねて食事会でもすれば充分で、見栄を張った披露宴を行うほうがこれからはみっともないのでは無いでしょうかね?

ですから今から結婚を予定される方で披露宴をどうしようかって考えて居る人であれば、手軽なレストランウェディングを候補に入れてみても良いと思いますし、インターネットで近所のレストランウエディングを受け付けているレストランを探しても良いと思いますし、それなりの広さがあるレストランがあれば、3時間とか貸し切りにして貰えるのかどうかを確認してみるのも良いのでは無いでしょうかね?

別に大人数を呼んで盛大に行うのが良いとか悪いとか関係ないですから、数年後にはレストランウェディングが主流になっていると思いますよ。

追伸
極論に近いのかもしれませんが、結婚後の生活を考えて思いっきり黒字婚にするって事で、会費一万円で会場はデニーズとかガストなどのファミリーレストランを半分だけ貸し切りにして、そこで慎ましく結婚披露宴を執り行っても良いと思いますし胸を張っても良いと思うのですよね。

一体何時の頃からあんなに大きな結婚式場が全国のあちこちに建設されて、披露宴が一大産業になってしまったのかは知りませんが、見栄の固まりとか盛大に派手にやらないと、知り合いに肩身が狭いなんて考えが出るような風潮は素早く退散して欲しいと思うので有りますね。

このページのAI朗読(字幕付き)