異性恐怖症対策

異性恐怖症とは対人恐怖症の一種とも言えると思いますが、異性を前にすると赤面したり動悸が高まって極度に緊張してしまって、勿論まともに会話など出来ませんし、意図的に異性との接触を避けてしまいますので、結婚などできる筈もなく、異性恐怖症を克服しない限りは男性も女性も異性と交際する事も無いまま年を取ってしまうわけですから、こんなものはさっさと克服してしまうに限りますよね。

※ 誰かが何処かで書いていたような気がしますが、少子化の傾向が強くなって来て一人っ子が増えて異性の兄弟を持っている人が減ってきた事と、近所の子供同士で男も女も関係なく遊ぶって事が無くなってきたせいで異性恐怖症が増えて来たって話も聞いた事が有るような気が致しますが。

聞くところによると異性恐怖症の多くはカウンセリングで克服できるそうですし、完治できないって事はないそうなのですが問題は地方に住んでいる場合は、通える範囲で精神科のクリニックなど異性恐怖症を治してくれる精神科のお医者さんとかカウンセラーが居ないって所でしょうかね。

さてここからは全く個人的な意見を書きますと、異性恐怖症になる原因としては過去の経験から来るトラウマですとか、異性と接触する機会が無いままいつの間にか気が付いたら異性恐怖症になっていたとか人によって原因は違うと思いますが、はっきりいって自意識過剰か異性を意識しすぎているに過ぎないので有りまして、男性と女性と若干考え方の仕組みが違ったり、体の構造が違う部分が有りますが、大きな違いは無いと思うのですけどね。

確かに男性の私から女性を見て感じるには時々、理屈や常識で捉えられない考え方や、どこに地雷が埋まっているのか分からないような精神状態だと感じるところが有りますが、そもそもその深い部分には立ち入ってはいけないので有りまして、それは男女の精神構造の違いって事で無視してしまうに限ると思いますね。

まあ異性を意識すればするほど異性恐怖症が加速していくので有りますから、そんな物は・・中々無視できないのですよね。

追伸
異性恐怖症になりかけ?の時に意図的に異性を避けだしてしまいますと、最初のうちは異性恐怖症予備軍だったものが、異性を避けているうちに本格的な異性恐怖症になっていまうって事も有るような気がするので有りまして、積極的に異性に話しかけないまでも、意図的に避けるって事はしないほうが良いのでは無いでしょうかね?

このページのAI朗読(字幕付き)