異性への自己紹介の方法

結婚相談所を利用するとか、その筋の紹介によって世話を焼いてくれる人が存在するお見合いなどの場合でしたら、事前にある程度自分の情報が相手に伝わっているのですが、合コンとかお見合いパーティーなどの場合ですと、初対面の異性に自己紹介を行う必要が出てきまして、自己紹介が最初の会話になってきまして、何せ初対面での印象は大きく色々なところに影響を及ぼしますので自己紹介の方法はとても大切なのですよね?

もしあなたが奇術師かマジシャンならばいきなり何もないところから花束を取り出したりハンカチから鳩を取り出して相手が呆気にとられてから、名乗るなど印象に残る自己紹介をすれば良いと思いますが、そーゆー人はそうそう居ないでしょうね。

でねよく氏名つまり名字と名前のフルネームでちゃんと名乗るとか言われますが、個人的な意見としては営業マンじゃないのですから名前を覚えて貰うなんて寝ぼけた事を言っていても仕方が無いので有りまして、どちらかというと好印象を醸し出す自己紹介を長くもなく短くもない時間で出来るように考えて練習しておく必要が有るのでは無いでしょうか?

基本的にはちゃんと相手に聞こえる大きな声ではっきりと話すって事ですし、会場の雰囲気によって職業とか趣味とか得意技などを話せば良いのでは無いでしょうかね?

でね自己紹介の時にやってはいけない事や動作、仕草は有ると思いますので書いてみようと思います。

・きょろきょろしない
まあ挙動不審者にしか見えませんから周りに気になる人が居るかどうかとか、過度にきょろきょろしない事です。

・思い詰めた顔で自己紹介しない
結婚難民生活が長くなってきますと、自分に自信が無くなってきたり表情が暗くなってきてしまったりする場合が有るようですが、自信を持っては無理としても明るい笑顔で話をしましょうね。

・ポケットに手を突っ込んで話をしない
ちゃんと両手はポケットから出しましょうね?

・しょーもない冗談や下ネタを披露しない
本人は受けているつもりでも周りはお愛想で笑っているか、言っている本人がアホだと思って居て冷笑している場合が多いのでは無いでしょうか?

とまあ以上のような事に気をつけまして自信がなければですね鏡の前に立ってそこに映った自分の姿を他人だと思いまして練習をするのはどうでしょうかね?

あれ?鏡に映った自分の姿や自己紹介を見てかえって自信が無くなってしまいそうですか?まあそーゆー人も多いかも知れないですね?