パラサイトシングルの原因と結婚難民考

パラサイト・シングルとは?

パラサイト=直訳して寄生という意味になります。

つまり親や親族に同居する形で寄生している人や仕送りで生活を支えて貰っている独身者をさします。

これはパラサイトシングルちゃんと大学教授によって定義されているそうで、一丁前の社会人になっても親と同居して生活を親に支えて貰っている状態の独身男女の事なのだそうです。

家賃無料の住居が確保されていて、食事も洗濯も親がかりの状態で、多少親に生活費を渡したとしても、貰っている給料の大半が自分で使える訳ですから、恵まれた状態であるような気もしますし、親が他界した後を考えたり、好きな人が出来て結婚した後の苦労を考えてしまったり、そのまま年齢を重ねて結婚難民と化してしまう危険性を考えますとパラサイトシングルも考え物だと思いますね。

まあ同居を許している又は、むしろ歓迎している親にとっても年を取ってきて体に老化現象が目立ってきますと、結婚して孫の顔を見たいって思うようになって来るのが自然だと思いますが、優雅なパラサイトシングルの生活に浸ってしまっていますと、外の世界に出て行く事をためらう人も中には居るのでは無いでしょうか?

まあそーゆー場合に親は、見合い話を探してきたり色々と画策したりする場合も多いのでしょうが、結婚まで親がかりってのはその後の独立に疑問符が付いてしまいますので、さっさと家から追い出してしまって独立して生活させたほうが本人の為でしょうね。

物価も上がっていますし、何せ日本の場合は地代家賃の金額が異常なほど高いですから、優雅なパラサイトシングルの生活から、一気に貧困の生活に転落してしまう事にもなりかねないのですが、かわいい子には旅をさせよ、とかライオンは千尋の谷に子供を突き落として保険金を貰うとか言いますから、結婚後の質素な生活に備えておく位の気持ちで家を追い出しましょうね?

※別の視点で考えますと、親と同居していれば余計な家賃を支払う必要も無く、結婚資金を貯金するのも苦労しないで出来る場合が多いのでして、親と別居していて貯金もない状態で中々結婚まで踏み切れない場合と、パラサイトシングルの生活から抜け出せなくて独身で居るのと、どちらが多くて問題が有るのかはまだ不明なのですね。

パラサイトシングルの原因

パラサイトシングルが増える要因としては少子化が一番大きくて、次に正社員比率の低下などの労働環境の変化、それから親子間の関係の変化(友達親子)でしょうね。

としますと少子化の傾向は今後も続くようでうし、労働環境に関しても国際競争が今後ますます激化する事が予想され改善するとは思えませんし、友達親子もなにせ少子化が背景になりますので減らないですね。

となりますとパラサイトシングルが今後増える事はあっても減る事は無いのですね。

このページのAI朗読(字幕付き)