中高年の結婚相談

中高年の結婚相談と言っても初婚の場合も有れば、再婚の場合も有ったり一筋縄ではいかないのでありまして、初婚なら初婚でどーしてこんな年齢になるまで結婚していないのか色々正当な理由がないともしかしたらマザコンなのかとか、性格に問題が有るのかと勘ぐられたりされかねませんし、再婚であれば初婚だった相手は一体どーなったのかとか、その時の子供はどうなったのか?とか、過去のしがらみを場合によっては、引きずった状態で再婚のチャンスを探し求めて結婚相談所に足を運ぶ事になりますので、ハードルは高いので有ります。

しかも、男性で中高年の結婚希望者の場合は年齢に見合った収入を確保していませんと、流石に40歳でフリーターですとか50歳ですけど年収は300万円ですって事では余程気に良い幸運の女神がやってくるか、相手が年収を一桁読み間違えてくれない限り、結婚相手が見つかるのは民主党の河村たかしさんが総理大臣になる位の確率しか無い訳です。

まあ40歳を過ぎてきますとこれから子供を授かっても生まれた子供を成人まで育て上げるのも大変ですし、定年退職はそろそろ考える時期に来ていますし、体のほうもそろそろ足腰やら目やら色々とガタが出始める時期でありまして、生半可なアンチエイジングでは結婚相手を捕まえるまでには至らないのですよね?

ですから個人的な感想ですが中高年の初婚でも再婚でもとにかく結婚を考える場合は、まず男性の場合は仕事のほうを頑張って年相応の地位なり収入なりを確保致しまして、スポーツジムにでも通うなりボクシングジムで体を絞り込むなり心と体を鍛え込みつつ、結婚相談所に足を運ぶなりお見合いサークルに入会するなり、同時並行で事を運ぶ必要が有るのでは無いでしょうか?

女性の場合も若い方と違いまして、腕の良い見合い写真の修整が出来る人を見つけてくるとか、アンチエイジングに精を出すとか、化粧の方法を基礎から身につける為に虎の穴に入門するとか、色々大変なのですよね?

一概には公表できないと思いますが、大手結婚相談所はもとより、中高年専門の結婚相談所でも中高年の結婚における成婚率(成功率)は公表していませんが、どう考えても高いとは考えられないので有りまして、どんなに高くても成婚率は三割にも遠く及ばないのでは無いでしょうか?

まあどちらにせよ狭き門である事には間違いないと思いますので、諦めるか事が出来なければ一生懸命努力するしか無いのです。

スポンサーリンク