学歴と結婚難民の関係

今回のコラムでは学歴と結婚難民の関係に付いて思うところを書く予定ですが、真っ先に結論を書いてしまいますと、現在の日本は確かに学歴社会だと言われていますが、学歴が低いからって理由で結婚できないってのは理由にならないと思いますし、高卒はもとより中卒だって結婚して立派にお父さん、お母さんになっている人は掃いて捨てるほど存在しますし、収入などで多少のハンデキャップが有ったとしても、結婚が出来る出来無いを完全に決定してしまう要素ではないと思いますね。

私の予想では遠くない将来、学歴社会は崩壊します、ただ学歴社会が崩壊して社会の二極化が一層進むと見ていますが、甘く考えないで頂きたいのは中流社会が無くなって一握りの富裕層とその他大勢の貧民層になるって意味ですからね。

まあ恐ろしいほど社会の二極化が進んでいますから、少し油断するとフリーターや派遣社員などの不安定な収入階層に定着していまいまして、これが女性ならまだしも男性の場合ですと、どーしても収入が一定のレベルを超えていないと、嫁に来てくれる人が居ないって事になってしまいますので、学歴が低いほど不利になる面が有る事は否めないとは思いますが、そんな事を言っていても何も始まらないので有りますからね。

一般的に言われている事は女性も大学に行くようになってきて大卒の女性の中には自分より学歴の低い男性と結婚したくないって考える人が少なくないって事ですが、学歴は人間の価値とは関係ないと言ってもそーゆー女性には通じない訳ですから相手をするだけ無駄でして、仕事で頑張るなり独立して社長なってしまうなり方法は幾らでも有ると思いますね。

※独立する年齢を別としまして独立して社長になるって事は学歴は一切関係のない領域に入ってくるのでありまして試されるのは能力と努力と運だけなのであります、独立して自分が経営者になってしまったら学歴がどうこう言っている暇は一秒だって無いので有りまして、そんな環境で仕事に打ち込んでいる人は学歴と結婚難民の関係は薄いって言い切ると思いますけどね。

追伸
個人的な話を書きますと私も高卒で30代前半で独立開業致しまして無事結婚もして子供は既に独立していますが、高卒のハンデキャップを感じた事は、未だかつて一回も無いのです。
ただ、私の若い頃と現代を比べますと状況はかなり違ってきているとは思いますが、そんな事を言っていても社会は全然変わらないので有りまして、せいぜい世の中を変えるとすれば、自民党以外の政権に一票投じるしか無いので有りますね?

スポンサーリンク