自己破産者と結婚

日本の自己破産者は増加の一途を辿っておりまして、年代別にもまんべんなく分布しているようで、一説によると国民の100人に一人が自己破産者に迫る勢いなのだそうで、自己破産予備運を含めますと当然、膨大な数になってくるのでありまして、中にはこれから結婚を考えているとか、結婚を前提に付き合っている相手が居るって方も多数いらっしゃるのでは無いでしょうか?

そんな訳で今回のコラムでは結婚と自己破産とブラックリストについて思うところを書いてみようと致しますが、中には結婚目前にしながら過去に自己破産の経験があって、打ち明けようかどうしようかって悩んでいる人もいらっしゃるかもしれませんが、まあ結婚してから過去の自己破産の経歴が発覚して離婚とかややこしい事になる位であれば、事前に打ち明けておいたほうが良いと思いますが、、当人にとってはそんなに簡単な話では無いのですよね?

あと結婚を前にして自己破産予備運状態、またはどう考えても借り入れの返済額が多すぎて結婚してからの生活に支障をきたしてしまうようであれば、特定調停や個人再生、場合によっては自己破産の申し立てを行ってしまって借金問題にケリを付けてから、結婚したほうが結婚後の生活に支障をきたさない場合も多いのでは無いでしょうかね?

ただ思うには結婚と自己破産とかブラックリストに入っているとかの問題は相手の両親や親族が知ったらまず絶対に結婚を反対するって事だろうと思いますし、私だって自分の子供の結婚相手がブラックリストのメンバー?だったら絶対に結婚に反対して強引にでも結婚を阻止するでしょうね?

まあこの辺りは、日本に自己破産者と結婚してはいけないって法律も有りませんし、ブラックリストのメンバーの動きを規制する定めもありませんのであくまで、気持ちの問題なのですが、結婚を諦めて結婚難民の仲間入りするのもどうかと思いますので、5年待ってブラックリストから削除されてから結婚するか、周りを説得する為の努力をするかどちらかでしょうね?

※自己破産していてブラックリストに登録されていましても婚姻届を出す事は全く問題なくできます、但しローンやクレジットが使えないのは当然と致しまして、アパートやマンションを新たに借りる場合に、信用調査で入居を断られる可能性は有ると思います。

追伸
個人的な考えですが金銭問題や借金問題で離婚してブラックになってしまっているバツイチの人は、相手としては避けておいたほうが良いでしょうね?当たり前ですけどね。