再婚禁止期間

ロスインディオス アンド シルビアのヒット曲に”別れたら次の人”って歌謡曲が有ったような無かったような気が致しますが、今回のコラムでは女性の再婚禁止期間について考えてみたいと思いますが、別に女性って付けなくても再婚を禁止している期間があるのは女性だけの話で、男性の場合は離婚と同時に再婚の婚姻届を出せるのでありますね?

ただまあ誰の子供って問題を除きますと別に役所に婚姻届を出して受理されるどかだけの話でして、同居を禁止される訳でも有りませんし何か罰則規定がある訳でもないので、お急ぎの方はさっさと結婚式を挙げて、ハネムーンにも行って二人の生活を開始致しまして、最近禁止期間の六ヶ月が過ぎましたらおもむろに?婚姻届を出せば良いのでは無いでしょうかね?

さて今回はこのまま再婚について書き進めてみようと思いますが、再婚って色々難しそうですよね? 片方が再だったり両方が再婚同士だったり、前夫との子供を連れている子連れ再婚だったり、慰謝料や養育費の送金が続いている状態での再婚だったり、ほんとにもう千差万別、森羅万象なのでありますが中年にもなって未だに結婚できない結婚難民のおっさんや、おばさんから言わせれば一回結婚したんだから、良いじゃんかって声も出てきそうな気が致しますが、まあ各種問題を乗り越えて再婚に成功する方も少なくないのですよね?

※離婚経験者をバツイチていつの間にか表現する事が定着してきたような気が致しますが、正確な語源は知りませんが間違った回答をすると答案用紙に×印を付けられて帰ってきますが、間違いをしてしまったって意味でバツなのでしょうかよく分かりませんが、これをバツイチから経験者にして、結婚相談所の広告に経験者優遇って書けばしっくり来ないでしょうか?(その昔などは、なんと離婚した女性を傷物なんて呼ぶ人も居たようですが、そーゆー人こそ心が壊れた人間なんですよね)

追伸
しかし一寸先は闇で何が起こるのか分からないのが人生でしてだからこそ面白いって事なのですが、幸せ一杯に新婚生活をスタートしてもその中の何人かは離婚して再婚するカップルが出てくるのは間違いないのでして、転ばぬ先の杖と言いますか、別に相手を確保しておいてはいけないのですが、まあメタボ体型にならないように食生活に気を配りまして、貯金もちゃんとしてですね万が一の離婚や再婚に備えておいても全く損はないのだと思いませんか?

備えあれば憂いなしって昔から言いますからね。

このページのAI朗読(字幕付き)