離婚率と都道府県

絶対離婚しない方法と言えば結婚しない事なのですが、つまり結婚する以上全てのカップルに離婚の可能性が有る訳でして、厚生労働省のほうでもお都道府県別の離婚率の発表までしていますね。

この都道府県別の離婚率に関しては結構有名で離婚率の高いのは北海道と沖縄県の日本の両端と、お笑いのメッカ大阪府だそうで、逆に離婚率が低いのは新潟県や島根県などの北陸の県ですが、それでもまあ一番離婚率の高い北海道と一番低い新潟県の離婚率の違いは倍も離れていませんので、離婚しないように新潟県に移住しても、離婚しなくなるって事でも無いようですね?

まあ実際の所、簡単に住んでいる地域を大きく変更も出来ないですから、都道府県別の離婚率なんかより、例えば新郎の職業別の離婚率を調べて貰って女性が結婚相手を考える際の参考にするとか、できちゃた婚の場合は離婚率は他と比べてどうかとか、恋愛結婚とお見合いでの結婚では離婚率に違いは有るのかなど、気になりだしたら色々気になるところが出てくるのですよね?

でね、結婚するのも離婚するのも駆け落ちするのも本人同士の問題ですから、どこで誰と恋愛して結婚しようとそれは本人の自由ですし、周りが干渉する必要は無いとお思いますが、いざ結婚して子供が出来てしまったら、子供に対する義務が発生しますので、本人の意志だけで簡単に離婚できるものではないと思うのです。

日本の場合は離婚時に子供の権利が充分に考えられていないようでありますが、かといって子供が小さい場合に離婚を禁止したりしても別の問題が出てきてしまうので有りまして、離婚と子供の養育の問題は奥が深くて難しいのでありますね?

※ 個人的な意見として結婚して一緒に暮らしてみないと中々相手の欠点も見えてきませんので、子供が出来る前に素早く将来の不仲を察知して離婚してしまうのは、子供が出来てから離婚するよりもよっぽど良いと思いますし、その他に熟年離婚と言われる子供も成人してからの熟年カップルの離婚もお互いが納得してれば、全然構わないのでは無いかなって思います。

追伸
結婚する前から離婚する事を考えているのは結婚詐欺師くらいだと思いますが、どうも年々離婚率は高くなっていますし、これが最近増えている国際結婚などの状況になりますと、更に複雑になって参ります。
あまりおおっぴらに語られる事がない離婚問題ですが、これだけ数が多いのですから、もう少し議論や認識が進んでも良いのでは無いかなって思いますね。

スポンサーリンク