披露宴の料理の選び方

結婚披露宴を行うって事は当然の事ながらお食事を出すのでありまして、主催者(新郎と新婦)としては披露宴での料理や献立を考えるので有りまして、最近ではレストランで披露宴を行う事も増えていてそんな場所で披露宴を行うのでしたら、会場となるレストランにお任せで OKだと思いますが、大きな式場での披露宴の場合は、和食、洋食、中華にフランス料理にイタリア料理から粗食まで何でも御座れで、選択を迫られるのですよね?

さて本題の披露宴料理の選び方ですが、選んではいけない料理を避けるって事が先決でして、出来れば選ばないほうが良い披露宴の料理は次のような料理になると思います。

■殻付きのカニ
レッドロブスターに行ってカニの食べ放題に行った人なら分かると思いますが、殻がついたままのカニを食べる時、人は何故か無口になって一心不乱にカニを食べる習性があるのでして、楽しく歓談どころか披露宴会場が静まりかえってしまいますので、避けたほうが良いでしょうね。
※つまり食べる事に作業を要求したり面倒なメニューは避けましょうって事で有りまして、食べやすく調理してあればOkだと思います。

■トムヤムクン
本当か嘘か分かりませんが世界三大スープの一つと言われているらしく、そんなに世界的に有名なスープだったら披露宴で出してあげようなんて考えますと、出席者の半数は余りの辛さと酸味で、水を求めてさまよってしまうので有りまして、どうしてもでしたら世界三大スープの残り二つ、ボルシチかフカヒレのスープにすべきでしょうね?
※折角の披露宴ですから時として有名な料理とかを供する気持ちが出てきますが、披露宴には老人から子供まで幅広い年齢層が出席しますので、突飛な料理や刺激の強すぎる料理は避けたほうが良いでしょうね?

例によってしょーもない話を書いてしまいましたが、聞くところによりますとカレー好きで知られるインド人の場合は結婚式での料理もやはりカレーなのだそうで、カレーに入れる具材を考えるだけで料理を何にしましょうって悩む必要は無いそうですね?

個人的な意見をここで書きますと、年に私が出席する結婚披露宴での話ですが、美味しい料理でもてなしたいって心使いで料理を選んで出してくれるのは非情に嬉しいのでありますが、若い二人のこれからの生活を考えますと、おいおい、余り見栄を張ったり無理をするんじゃ無いよって、こっちが心配してしまう場合も少なくないので有りまして、無理しないで良いんですよって言いたいですね。

スポンサーリンク