結婚に必要な収入

今回のコラムのテーマは結婚に必要な収入って事について書こうと思いますが、本来は恋愛とか愛情って領域は金銭が介在しない世界なのですが、結婚して生活をともにするとなりますと、明るい家庭生活の必需品、お金、現金が無いと生活は成り立たないのでありまして、そうなりますと結婚に必要な収入って事を考える必要が出てくる訳ですよね?

勿論、どちらかの実家に入って家賃が不要だとか地方によって物価水準も違いますし、住み込みで働いている場合など人それぞれ、ケースバイケースになるのですが、経済的な部分を全く考えないで、まあ何とかなるだろうって結婚してしまって、いざ生活が始まってから生活が成り立たなくて夫婦喧嘩ばかりの毎日になってしまったり、逆に自分の収入を考えて結婚後の生活に不安が大きくて結婚まで踏み切れなかったりなど、貨幣経済が発達した現代では、お金と結婚と家庭生活は密接に関係してくるのですよね?

※世界を見渡してみますと、最貧国と言われる国の多くが人口が顕著に増加しているのでありまして、今日明日の食事にも「事欠く状況でも、ちゃんと子供だけは作って子孫を残すって本能的な部分が勝るようでして、そんな彼らから見ますと、自分の収入を考えて結婚をためらっている人を見れば、指を指して笑うのではないでしょうか?

ついでに書いておきますと二人で働いても年収600万円以下の場合では結婚するのはともかく、結婚式や新婚旅行に50万円以上費用をかけるのは愚の骨頂だと思いますし、そのお金は貯金しておくなり、将来生まれてくる子供の為に使うなりしたほうが、ブライダル産業を太らせるより一万倍有意義なお金の使い方だと思いますし、結婚式や披露宴を質素に行う事に文句を言ってくるような実家であれば、二人でちゃんと説得する必要が有ると思います。

さて今回の本題の結婚に必要な収入ですが節約して生活を送って年間20万円以上の貯金が出来る収入があれば、結婚するのに全然問題ないと思いますよ。

でここで大切なのは、結婚を真剣に考えた時点でちゃんと収入を考えて、生活設計を試算してみて生活が成り立つのか?貯金が出来るのか?共働きだったら懐妊して片方が働けなくなっても生活が維持できるのか無いかを、ちゃんと二人で現実を直視する事でしょうね?

なにせ今の日本は自己破産経験者、自己破産予備軍と言われる人を合算しますとなんと100人に一人って割合まで増加してしまっているようで、経済的なピンチは愛も甘い夢も吹き飛ばしてしまうのです。