完全無料の結婚相談所

今回のコラムでは完全無料の結婚相談所について書こうと思いますが、実際の所は営利目的で営業している結婚相談所の場合は、入会金無料って事で月々の会費はちゃんと徴収されたり、お見合いとか相手を紹介して貰う度に一件当り幾らって感じで料金を徴収される事が殆どですが、ちゃんと探せば完全無料の結婚相談の受付をしている所は有るのです。

はい他のコラムでも確か書きましたが、都道府県、市町村レベルで結婚相談の窓口を設置している自治体が増えてきていまして、基本的には該当の地域に居住している方が対象になりますが、過疎化や農業などの後継者不足対策で行っている結婚相談の場合は、女性は全国何処でも結婚して移住してくるなら受け付けますって所も多いですから、女性の場合は完全無料の結婚相談を利用できるチャンスも多いと思います。

男性の場合でもどーしても完全無料の結婚相談を利用したいのであれば、結婚相談員を常駐させて結婚相談窓口がある市町村に移住するって方法が有りますが、引っ越し費用がかかってしまいますし、場合によっては遠くに引っ越す事になってしまいますので、難しいところですよね?

ただここで勝手に私の意見を書いてしまいますと、女性の場合をさておきまして、男性は結婚した後には基本的に自分の収入で配偶者や将来的に子供を作って家族を養っていく必要が出てくる訳ですから、独身の状態で結婚相談所に必要な費用も捻出できないような経済状況であれば将来が思いやられるのでありまして、自分の居住する市町村で無料の結婚相談窓口があれば、税金払っている訳ですから堂々と利用すれば良いと思いますし、残念ながら自分の住んでいる地域で、そーゆー気の利いた行政サービスを提供していないようであれば、素直に有料の結婚相談所に申し込みをするか、リュックをしょって配偶者捜しの放浪の旅に出るのか、一生独身のまま生きていく決心をして仏門に下るかのどれかを選択する必要が有るでしょうね?

追伸
現在の日本ではお見合い産業と言いますか結婚相談所市場はとても巨大な市場になっているようですが、相変わらずトラブルもあるようですし、少子化対策も早急に抜本的に対策を講じる必要が有るので有りまして、結婚しませんと子供を作っても大変ですし、良くない言い方ですが貧乏人の子沢山って言葉も有りますので、ここは全国的に行政サービスの拡充によって全国ネットの完全無料結婚相談サービスでも行いましたら、少子化なんて5年で解消してしまって今度は小学校が不足してしまうのではないでしょうか?

スポンサーリンク