仲人の仕事

今回のコラムでは結婚における仲人の仕事について書いてみようと思いますが、どうも仲人の役割や存在意義そのものが時代とともに大きく変わっているようですので、先ずはその辺りから書いてみようと思います。

その昔の仲人さんの役割はかなり骨の折れる重要な仕事だったようで、新郎・新婦のご両家を取り持ち結婚する二人の第二の親みたいな存在でありまして、まあそうですねサッカーの試合における審判のような存在でして、主審の笛が吹かれなければ、何も始まらないような状態でして、しかも仲人の場合は結婚式が無事に終了してもその後の二人の結婚生活を見守る役目もになっていました。

※たぶん新郎と新婦の各実家と等距離で公正なジャッジ?が下せる第三者として仲人が存在して居たのだと思います。

さて時は流れて現代ですが、サッカーの試合における審判、レフリーのような権限を持っていた仲人さんは徐々に形骸化、形だけの存在になってきたようで、何と言いますか料理の脇に添えられたパセリのような存在になってしまったような気がするので有りまして、一応彩り?として必要って事で用意される訳ですが最近ではそれも、いいやって事で割愛されてしまう事も増えているようですね?

まあ最近の結婚は家と家って考えはとてもとても希薄ですから、従来の仲人の仕事として求められていた、日取りの調整ですとかヨロズ相談どころって役割は必要なくなったのですから、まあ形だけになるのも仕方が無いですよね?

で残っているのは、結婚式当日だけ頼まれて?の仲人ですが、仕事と言っても結婚式当日に出席する事とご挨拶をする程度の物で昔の仲人の大役と比べたら、楽な物ですね?
(私も過去一回だけ仲人の大役を仰せつかった事が有りますが)

ですから、仲人を頼まれた場合は、それほど深く考える必要は無いと思いますし、妙に張り切られて挙式当日の披露宴での挨拶で30分も話をされましたら迷惑この上ないのでありまして、余程のなにか特別な事情がない限り、現代の仲人は形だけってのは、みんな暗黙の了解になっていると思いますので、個人的には目立たない状態で、挨拶も3分以内ってのが、現代の仲人の有るべき姿ではないかなって思います。

追伸
これから挙式を挙げる方の中には、実家に言われて仲人を立てなきゃいけないって事で誰に頼もうかって人もいらっしゃると思いますが、個人的な意見では披露宴の料理にパセリを添えるかどうかって位の事だと思いますので、都合がつかなければ、無くても良いのでは無いかなって思います。