結婚式場選びのポイント

今回のコラムでは結婚式場選びのポイントについて書こうと思いますが、勝手な事を書かせて頂きますと、結婚式をやりたがっているのはご両人とその親族位なもので、当人たちの友人だって二人の結婚を祝福する気持ちがあっても、それと結婚式に出かけて一日潰してしまうのは別物で有りまして、特に女性の場合は美容室に行ったり服装を整えたり大変だと思いますが、私だったら祝い金だけは差し上げて、結婚式には出ないほうが良いような気が致しますね?

あくまで個人的な意見ですが、結婚式はご両家の親族だけでひっそりやって頂いて、友人関係からは祝い金だけを徴収するって形があっても良いような気がしますし、忙しい人にとってはそのほうが助かる気がしますが、そーゆー事を考えるのは私だけでしょうか?

私も(最近は随分少なくなりましたが)年に数回は結婚式の招待状を受け取って出かけてはますので、自信が感じている事を交えて書いてみようと思います。

さて本題の結婚式場選びのポイントですが、予算、場所(ロケーション)、料理、雰囲気、希望の日に空いているかどうかなどが有りますが、まあ予算と空きがあるかどうかを押さえたら、あとは会場に実際に足を運んで、気に入ったら決定とか、コーディネーターの人に任せてしまうとか、そんな感じだと思いますが、来賓(招待客)の事も考えましょうね?

まず場所ですが、結婚する本人たちがどーしても軽井沢の湖畔で式を挙げたいとか、ハワイやバリ、タヒチなどの常夏の島で挙式を執り行いたいって場合が有りますが、そーゆー場合はせいぜい両親位にしておいて、どんなに親しくても友人には招待状を出して引っ張り出しては迷惑だと思いますし、普通に電車いける場所であっても交通の便が悪い結婚式場に引っ張り出して、おまけに嵩張る引き出物を両手に抱えて帰らせるような事は慎みましょうね?

とまあかなりきつい事を書きましたが、要は本人達だけで結婚式を行うのであれば、シドニーで式を挙げようと、吉野家で式を挙げようとご自由に好きなように結婚式を執り行って頂いて構わないと思いますが、親戚一同、友人に向こう三軒両隣を呼ぶのであれば、来賓が主役って事で気を配って欲しいですね?

追伸
最近は使い道が無くて嵩張るだけの、鍋とか皿とか漆の食器などが詰まった引き出物が姿を消しつつありまして、ギフトカード形式が主流になって来ましたので、無駄な物が増えないようになってきましたが、未だに地方によっては見栄の固まりのような引き出物が幅をきかせているようですね。

このページのAI朗読(字幕付き)