お見合いでの会話とマナー考

出会いの機会が少なくなった昨今、結婚相談所経由または、近所のお節介・・おっと打ち間違えました、取り消して親切な方のご紹介により、お見合いになった場合の、お見合い当日のマナーについて今回は考えてみたいと思います。

マナーの基本は相手や周りの人間を不愉快にさせないってのが根本的にありますが、個人的には行き過ぎたマナーの強要や、窮屈な仕草を強いる事には否定的な考えを持っていますので、大げさに考える必要は一切無いので有りまして、特にお見合いの場合は結婚相手を選ぶって事が目的ですから、自然な振る舞いでいつも通り相手に接すれば良いだけの話でして、お見合いの席でだけ慣れない仕草やをしても、ぎこちないだけですし仮にゴールイン(実際には結婚生活のスタートラインですが)した後に、本領を発揮されても相手は困ってしまう訳です。

でね、やっぱりお見合い当日に臨む前に一番考えるのは何をしゃべれば良いのって所だと思いますが、これは相手の事を全く知らない状態で初対面の状態で会話を弾ませるってのが、そもそも無理な話でして、これは仲人さんや周りの介添人?の方たちが出来るだけ相手の情報を詳しく伝えておいて、会う前からある程度相手の事を知った上で、お見合い当日に臨めるようにしておく必要が有ると思いますね?

まあお見合い当日の会話の話題はタブーとされる話題以外であれば、何を話しても良いと思いますし、基本的には相手から聞き出すと言いますか、聞き上手になって相手の話を聞き出す事に徹すれば自然と、場の空気は和やかに進んで行くと思いますよ。

※お見合いの席上でタブーと思われる会話は、性に関する事、政治に関する事、宗教に関する事の3点はタブーとされていますので、この話題だけは話してはいけないのです・・・ってまあ持ち出す人はいないと思いますがね。

最近ではお見合いを目的としたマナー講座ですとか話し方教室なんてもの開催されていたり、書籍が販売されていたりしていますので、参考にするのも良いと思いますが、一番大切なのはやはり表情でしょうね?

個人的な考えで書きますと、少々不作法であっても会話内容が下品であっても、清潔な服装で生き生きとした表情を持っているのが、最も魅力を感じるのでありまして、どんなに巧みに会話をされても表情が暗かったり硬い表情では引いてしまうでしょうね?

というような所で、別にお笑い芸人のオーディションを受ける訳でも無いので、無理に笑いをとる必要も無いと思いますし、自然体で行きましょうね?