結婚式の費用

今回のコラムはこれから結婚予定の方、又は結婚の準備に入ってカウントダウンになっている方向けに書こうと思いますので、現時点でまだ結婚相手の目処が立っていない方にとっては、貴重なお時間の無駄になると思いますので、他のページなりサイトにご移動頂いたほうが良いと思います。

さて結婚式、披露宴、新婚旅行とお金をかければ百万円単位で費用がかかりますが、役所に婚姻届を提出して何もないのも寂しいですから近所の神社で神主さんに頼んで結婚の儀を執り行って貰う位であればせいぜい5万円から10万円位でちゃんと結婚式は出来てしまうのですが、はっきり書いてしまいますと式場を選んで料理を選んでなんて、しょーもない見栄は捨てまして、その後の生活を考えましょうね?
(結婚式や結婚にかかる費用の相場や平均額を出している処が有るようですが、平均ですし何もしないで届けだけなどのカップルは入っていませんので参考にならないと思います。)

私が思うには結婚式とかウェディングドレスに対して思い入れやあこがれが強いのは女性のような気が致しますが、結婚式やハネムーンなんてせいぜい長くて 10日程度ですが、結婚後の日常生活はその後何十年も続く訳でして、結婚する時の費用は一切かけないでその後の生活を充実させたほうが、良いと思いますね。

※成田離婚なんて言葉も有りますが、新婚旅行に海外になんて行かなければ、そもそも成田離婚も成立しないのでありますね?

なにせ新しい生活をスタート居たしますと、なんだかんだと出費が嵩みますし、共働きで余裕があると思っていても、いつの間にか奥さんが懐妊して目出度い事なのですが、当然働けなくなりますし出産の費用はかかりますし、出産した後は育児にかかる費用が年を追って増加していくのでありまして、多くの家庭で家計は火の車って事になっているのではないでしょうか?

まあ脅かすようですがもしかしたら結婚した後にそんな将来が待ち構えているので有りますし、もしかしたら(仮にですよ)結婚して3年以内に離婚してしまう確率もそれほど低くは無い訳ですから、無理のない範囲での結婚費用に抑えたほうが良いと思いますし、間違っても借金までして結婚費用を用意してはいけないと思いますね。

ここまで書いたのでついでに書き添えておきますと、もしこの文章を読んでいるあなたが男性で、結婚予定の相手が身の程も知らず、豪華な披露宴や結婚式にあくまで拘るようであれば、結婚後の生活でもどこかで見栄を張るような事で金銭的に苦労する可能性が高いように思います・・・まあ後は自分で判断して下さい。

追伸
少子化とジミ婚の増加や不景気などで結婚産業は大打撃を受けているようですが、まあそもそも結婚は大切な人生の節目でありますが、費用をかけるって事は別の次元の話でありまして、堅実な考えを持った人が増えてきてよゐこではないでしょうかね?