結婚と趣味

お見合いの時の定番の質問と言えばご趣味は?って所になると思いますが、今回のコラムでは結婚と趣味について考えてみようと思います。

先ず趣味とは、仕事や生活に必要な作業以外に取り組む娯楽の種類って事になると思いますが、趣味の内容によっては異性と知り合う機会が非常に多く、結婚相手を見つけやすい趣味と、基本的に一人で部屋に籠って趣味に没頭するタイプで、異性はおろか一切他人と接する機会が無くなってしまうような趣味までありまして、趣味と結婚の関係で考えますと趣味は一つと制限されている訳では有りませんので、多趣味に走るってのも一つの方法かもしれませんね?

ただし、趣味と結婚の関係に付いては逆に趣味に没頭、熱中する余りに異性との付き合いや結婚に全く興味が持てなくなってしまって独身のまま、生涯就眠人で生きていく人も増えているとも聞きますが、まあそれも人それぞれ、好き好きねのですね?まあ中にはお見合いが趣味のようになってしまってお見合いを年中やっているような方もいらっしゃるようですが。

そう考えますと趣味は異性と付き合うきっかけになる場合も有りますし、逆に脇目もふらずに趣味に没頭してしまって結婚しているどころじゃないって趣味に走ってしまう危険性の両面を備えているのでありまして、中々難し所ですね?

個人的な意見としては、何とか結婚をって考えて、けど結婚相談所は利用したくないなって場合ですが、一般的には”おたく”と言われる領域の趣味に走った方は男女問わず結婚から遠い位置に移動しているようですから、趣味から抜け出す事は無理としても、趣味を増やしてテニススクールに行くとか、音楽サークルに入るとか考えたほうが良いような気が致しますね?

※誤解しないで頂きたいのですが、無趣味の方は実に沢山存在するのでありまして、他人に聞かれた時に無趣味とは言えないので読書とか映画鑑賞とか音楽鑑賞とかの当たり障りのない答えを返しているだけの人が実に多いと思いますし、趣味がなくても結婚した人も大多数ではないでしょうか? 結婚してから共通の趣味を作るって手も有りますからね?
(正確な統計はないのですが結婚した夫婦が同じ趣味を持っているって割合はどの位あるのでしょうかね?)

さて、結論的な事を書いて今回のコラムを終了にしようと思いますが、趣味は人生の幅を広げて時には伴侶(結婚相手)を見つけるきっかけになる場合も有りますが、少し気をつけませんと、趣味にのめり込んでしまって、結婚など眼中にないって状態になってしまうって事ですよね?