結婚相談所選び

本来なら結婚相手を選ぶのが主たる目的の筈ですが、中々出会いの機会が無いまま仕事に追われて気が付いたら30歳はとっくに過ぎて40歳を目前にした中高年の独身なんて事になりそうな場合は、結婚相手選びよりも先に、結婚相談所選びが先に来てしまうのでありますが、まあ今回のコラムではそんな事について書いてみようと思います。

さて私の住んでいる千葉県でも全国展開している結婚相談所チェーン店?と個人商店のような形で営業している相談所が有りますが結論から書いてしまいますと、どちらを選んでも規模による差は少なくなっているって事になると思います。

まず最近では小規模に個人レベルで営業している結婚相談所も各種ネットワークを構築していましてそれなりに見合い相手のストックを?持っているので有ります。
※ 見合い相手のストック(つまり登録会員数)の多さを宣伝している結婚相談所が有りますが、あの会員数が多いのは判断に悩むところでありまして、どんどん新しい会員さんが入ってきていて会員数が多いのなら良いのですが、入会しても全然進展しなくて結婚までゴールインできなくてその結果、登録会員数が多い結婚相談所って事もあり得ますからね?

さてここから書く話は私は結婚相談所を利用しないで目出度く恋愛結婚しましたので体験談ではなく伝え聞いた話なのですが、どうやら結婚相談所には二つのタイプが有るらしく、自分の性格や希望にあった結婚相談所を選ぶ必要が有るような気が致します。

片方は何と言いますか結婚相談所、つまり結婚の為の相談する所ではなくて単に入会金と会費を貰った会員さんにしかるべく方法で抽出した異性を紹介して出会う機会(パティーやお見合いなど)を提供するだけの、機会提供型とでも言えばよいのでしょうか、そんな結婚相談所ですね?

もう片方は、あなたのご想像通りで有りまして、やり手のおじさんとか、おばさんが登場致しまして背中を押すから始まって、時には強引なキューピットになって無理矢理二人を手に持った矢でもって串刺しにしてしまったりするのでありまして、男女お互いに気が弱い人だったら、直ぐに結婚してしまうのではないでしょうかね?

まあ両極端の例を書いてしまいましたが、実際にはその中間であったり、ちゃんと話し方とか色々指導してくれたりお見合い写真の修整?をしてくれたりと、親身になってくれる結婚相談所も多いようですが、その逆のやらずぼったくりのような、相談所も有るようですから、注意したいですよね?

このページのAI朗読(字幕付き)