結婚力とスペックの問題

ネットサーフィンしていたところ目に飛び込んできたのが結構面白かったので書き残しておきますが、某結婚相談というか結婚相手を探す仲介サービスのような会社のバナー広告で”あなたの結婚力スペックを診断”なるものでした。

実際に広告の先を見てはいないので詳細は分かりませんが、あのね結婚力って表現はともかくとしてスペックって表現はなんだか笑えますね。

では私なりに結婚力を左右するスペックについて考えてみましょう。

まぁ愛だの恋だの言っていても結婚した後には日常生活が何十年も続くわけですから、そりゃ一応は相手の基本スペックは気になる人も多いでしょうし、知らず知らずに相手のスペックを品定めしてしまう人も多いのでは無いでしょうかね?

さて順次重要度順に結婚相手としてのスペックを考えてみましょう。

(男性の場合)
■勤め先や仕事の内容など
明るい家庭生活の必需品でありますお金、現金がないと生活を維持できないんですから経済力の根源であります勤め先は重要な要素になりますね。

第一群には公務員とか上場企業なんてのが入って会社規模が小さくなるに従って結婚力スペックの得点が低くなっていくような感じですが、別格として弁護士だとか士業の方たちが高スペックな部類に入ってくるでしょうね。

■年収(収入)や貯金
これは就いている職業に大きく関係してきますが、大いに越したことは無いですし貯金ゼロってのは相当結婚に関して不利になりますよね。

ですからね結婚力を高めるために例えば高級スーツを購入したり余計なところに散財するのも良いですけど、その行為が逆に結婚力スペックを下げる結果になっている場合も有りますね。

■家族の状況
その昔は結婚前の調査と称して興信所ですとか探偵事務所で素性調査なんかをおおっぴらに行なっていたものですけど、いまでも実際に事前調査を行なっている家も少なくないようですね。

これにね、本人の容姿であるとか性格であるとかの要素が組み合わさって来まして結婚力のスペックが決定されて来るわけですね。

なんてのが現実なのでありますが、実際には結婚力のスペックが非情に高くても全然縁がなくて結局は独身のまま生涯を終える人も数多いですし、逆にね箸にも棒にもかからないような低スペックの男性が・・・えっそもそも人間にスペックなんて表現を使って良いんでしょうかね?

ここはまぁ昔のように結婚ってのは縁の有無の話で縁があればきっと相手が見つかりますなんて事を信じていたほうが良いのでは無いでしょうかね?

スポンサーリンク