取引先との社外恋愛と、きっかけと結婚相手を見つけた統計

私の数少ない友人だけに限った統計ですが結婚相手として仕事で取引のあった会社の社員の人と結ばれてゴールインした確率が非常に高いのですね。

それも技術関係の仕事で取引先に暫く出向して立ち上げに携わったケース、営業の仕事でお客さんだった会社の女子社員ととか、電子機器のサービスマンも同じく取引先の女性のかたとといった感じで、特に他の会社の人と接する機会が多い営業マンに限ったことではなく、色々な職種においてその傾向が見られるんですね。

そういえばかつて私の部下だった女性社員も納入したソフトのインストラクターとして訪問していた会社経営者の方と目出度く結婚していましたね。

まぁ社会に出て働けば分かりますけど仕事以外に何か趣味のサークル活動でもしていない限り、異性との接触の機会なんてのは社内の人か仕事上の付き合いがある取引先の人以外には全くないって場合が多いですから分かるような気が致します。

私の知人友人など知っている限りの結婚相手を見つけた場所の統計集計では、第一位が仕事上の取引先の異性とで第二位が社内恋愛によるで、残りは昔からの幼なじみみたいな感じで、そういえば結婚相談所で相手を見つけたって人は皆無ですね。

異性との接触の機会の多さから言えばそりゃダントツで社内関係なんでしょうけど、たぶん隣の芝は青く見えるじゃ無いですけど、特に女性社員から男性社員を見た場合に、どうも社内での仕事ぶりを見る限り将来に不安を感じるですとか、今いる自分の会社の状況とか給料などの収入面とか現実的な事が事前に見えてくるから、今ひとつ社外恋愛より社内恋愛が多くないのでしょうかね。

まぁ通説によりますと良い会社ほど女性社員が社内恋愛で同僚を伴侶に選ぶ確率が高いと言いますから、その辺りは私の知人友人の勤め先にも関係してきているんでしょうけどね。

さてこれは多くの人が体験していると思いますけど何らかの仕事上の都合で他の会社の異性と接する機会があった時に、この人は随分と素敵な人だとか、あの会社の受付の人は自分のタイプで是非ともお近づきになりたいなんて、思ってしまうなんて経験はたぶん殆どの人が有ると思うんですけど、じゃ実際に食事に誘うとか何となく声をかけるなんて積極的な行動にまで移せる人はどのくらいいるんでしょうかね?

たぶん心の中で思っているだけで何も行動に移せないまま儚い恋は夢と消える人が圧倒的に多いのではないかと思いますが、ここでね勇気を持って最初の一歩を踏み出せるかどうかが伴侶を見つけるのか、結婚難民としての人生を選択するのかの運命の分かれ道じゃないかと思うんですよ。

一生を結婚難民として過ごしたくないならば、どこかで最初の一歩を踏み出さなくちゃいけないのです。