ラブレターの成功率とコツ

タイミングが勝負かも?

本題に入る前にシャルロッテという人をご存知でしょうか?

お菓子メーカーのロッテというのはシャルロッテが由来になっていいますが、かの文豪ゲーテが愛してやまなかった女性の名前です。

若き日のゲーテがある日、舞踏会で偶然出会ったシャルロッテに一目惚れします。

けどシャルロッテは既に結婚していました。

でもゲーテはシャルロッテにラブレターを書きます。

シャルロッテはラブレターに応じることは有りませんでしたが、諦められないゲーテは毎日毎日、シャルロッテにラブレターを書きました。

伝え聞いた話ではそのラブレターの数や千通を超えたとか超えないとかいう膨大な数で、毎日書いたとしても三年前後の月日を必要とします。

現代でしたらストーカー行為に近い行動になってしまいそうな気もしますが、とにかく今も昔も恋に落ちると、信じられない力を人は発揮してしまうのでしょう。

で結局ゲーテの恋は実ること無く、シャルロッテに出したラブレターは無駄になったのかもしれませんし、逆に毎日恋するシャルロッテにラブレターを書いたおかげで世界的な文豪になったのかもしれませんね。

文豪ゲーテのラブレター成功率は0%という事になってしまうかもしれませんけど、実際に時計データはないまでもラブレターの成功率と言うのは低いというか、年々低下傾向に有ると言って間違いないです。

まぁ今も昔も全く知らない男性からラブレターを貰った女性としては気持ち悪いとか、相手のことを全く知らないのにラブレターを貰っても何だか怖いみたいな気持ちになってしまうのはしかたがないと思いますし、ストーカーがらみの事件も随分と報道されていますからね。

ですから全く面識がないというか、自分の事を全然知らないような相手にラブレターを出した時の成功率は1%以下であると思っておいたほうが良いでしょうね。

ラブレターを成功させるコツ

やることは簡単だけど実際には難しい典型のような話ですけど、ちゃんと手渡すことなんです。

えっ!それが出来ないからラブレターを書くのであって、どうやって相手に渡そうか悩んでいるって?

別に机の上に置いてもポストに投げ込んでも下駄箱の中に入れておいても、どんな方法でラブレターを渡そうと、貴方の自由なのでは有りますけど、やっぱりちゃんと手渡さない事には、イタズラかどうかさえ相手には判断できませんからね。

あと個人的に同じ相手に3回まではOKだと思います。

一回ラブレターを出して反応が全く無いとか無視されるなんてのは普通だと思いますけど、ある意味では営業の仕事に似ている所があると思います。

正式にお断りが来たらまぁ脈なしという事でさっさと諦めて次を考えるべきですけど、そうでない場合は3回まではラブレターを送ってみる位の情熱は絶対に必要なんです。

ゲーテじゃないですけどラブレターだって書いているうちに文章は上達してきますからね。

追伸

ラブレターを出す相手が自分の事を知らない場合は、自己紹介をしっかりする事です。

これは自分がラブレターを貰った時の気持ちを考えれば分かると思いますけど、まずしっかりと自己紹介をしてから、自分の気持ちを伝えなくてはダメですよね。

まぁお見合いや合コンや街コンで自己紹介は大切ですけど、ラブレターにおいてもその重要性は大切なのです。

このページのAI朗読(字幕付き)