恋愛行動と両親の影響

今回のコラムは結婚適齢期のお子様がいる両親向けの内容です。

30歳を過ぎても一向に嫁に行く気配すらない娘とか、恋人のこの字もない息子さんを心配しているご両親の方からの相談を受ける機会が有ります。

結婚するのかしないのか、したいのかしたくないのかは本人の問題なので、やたらとプレッシャーをかけるのは良くないですけど、サポートできる所があればサポートしてあげましょうという事ですね。

一般的に恋愛行動に関して遺伝とかいった事を別にして、やっぱり両親を見て家庭の中で大人になって行きますからその影響というのは大きいです。

ただ専業主婦が当たり前で共働きが珍しかった時代から共働きが多数派みたいな時代にいつの間にか変わってしまったなんて事情も有りますし、息子や娘が結婚できないのは両親である自分たちの責任だといった事は考えないほうが良いでしょうね。

考えるだけ無駄ですから。

で、よく言われる両親が喧嘩ばかりしていたとか、生活苦というか生活に追われて余裕のない毎日を送る両親を見て育った子供は結婚に対して否定的になるなんて事を言われたりしますけど、じゃぁ今から過去に戻ることは出来ませんから、これも考えるだけ無駄なんですね。

ですから先ずは自立して自分が幸せになる事が大切なのです。

特に子供が結婚して孫の顔を見ないと幸せになれないなんて考え方が一番良くないですね。

もう少し分かりやすく書くと、仮に結婚できないのが両親の影響が大きいとしましょう。

今頃そんな事を言っても考えても過去に戻って過去を書き換える方法なんて有りませんから、今からでも子供のことはさておき、子供から自立して影響力を減らしていくしか無いのです。

前のコラムにも書きましたけど人は遺伝なんかよりも周りの環境に最も大きな影響を受けるのですから、問題が有るとしたら環境を変えてしまえば、本人はすぐにその影響を受けて変わるものなのです。

もしご両親の夫婦仲が悪いのでしたら今からでも仲良くするように努力をするですとか、生活に追われっぱなしで今まで来たのでしたら、そんななかでも幸せを見つけて幸せで穏やかな毎日を送れるように心の持ち方を変えるとかするのが最優先なんですね。

そもそも両親の出来る事はそれ以外にあるのか?

昔の話をしますと、親戚筋ですとか両親の交際関係のツテで適当な結婚相手が見つかるというネットワークが確かに有りました。

けどそんなものは絶滅危惧状態なんですよね。

変わってビジネスベースの民間企業、昔ながらの結婚相談所から大手の出会い斡旋サイトまで、もしかしたら今のほうが結婚相手を探すには恵まれている状態なのかもしれません。

けど何故か結婚難民の増加ですとか、生涯独身率の上昇など結婚しない又は出来ない独身男女が増えています。

本質的な原因は経済問題であると私は思っていますが、これも個人の力でどうなるものでも無いですよね?

はい、そうなんです。

本人が結婚したいと思った時にお手伝いする以外に無いのです。

それよりも両親の影響力を低下させるほうが、本人が結婚に対して前向きになる方法だったりするのです。

このページのAI朗読(字幕付き)