恋人以前に友達すらいない

親から結婚はまだなのかも催促されても、恋人は居ないしそもそも恋人以前に友達すら一人も居ないのだから夢のまた夢みたいな要求をされても困るという人もいらっしゃると思います。

友達が一人も居ないからこそ分かり合える恋人が欲しいと思う人も居ます。

けどどっちにもほぼ共通するのが友達も作れないのに、恋人なんてどうやって作ったら良いのか分からないって感じでは無いでしょうか?

少し過去を思い出してみて欲しいのですけど、小学校、中学校、高校の12年間の間には最低一人は友達といえる存在があったのではないですか?

でその友達が出来た時というか作るのに何か特別な努力はしましたか?

たぶん凄い苦労と努力を重ねて友達を作りましたなんて人は一人もいないと思います。

同じクラスになったとかいう感じで同じ環境で過ごすことになって、何となく声をかけていつの間にか友達になっていましたみたいな感じなのでは無いでしょうか?

実は友達を作るのも恋人を作るのも、半分は本人の容姿だったり性格だったり本人の資質によるものですけど、半分いやそれ以上は環境による所が大きいのですよ。

つまりキッカケがたくさんあるような環境と全くない環境では友達も恋人も出来る可能性がぜんぜん違うという事です。

例えれば毎月一回、恋人があたる福引を引ける人でしたら100回もやっていればいつかは恋人が出来ますけど、福引を引けない商店街にしか出かけていないような人は、恋人があたるチャンスは巡ってこないみたいな感じですね。

特に恋愛に対する行動力に自信がない方へ

そりゃ基本的には自分が変わらなくてはいけませんし、行動しなくてはいけないのですけど、例えば過去に全く経験がない人が、女性や男性に声をかけるなんて事は無理ですし、失敗して自信喪失するだけだったりします。

恋人作りの行動イコール異性にアタックするとか逆に引き寄せるみたいな短絡的な思考だけではダメですよという事です。

そもそも友だちがいない状態が長いと、一気に人と上手にコミュニケーションは取れない場合が多いのですからね。

先ずは自分が顔を出せる人が集まる場所に出かけるという事がスタートです。

で友達を1人作る前に3人の知り合いというか顔見知りを作るくらいがステップ1なのです。

やがて顔見知りの中から友達も出てくるでしょうし、知り合いの輪をどんどん広げていけば、さっきの喩え話で例えるならば、福引を引く回数が増えてくるという事です。

恋人は友だちがいなくても出来る

もちろん、彼女や彼氏を友達から紹介してもらえるという側面から見たら恋人が出来る確率はがくんと下がりますけど、別に友達がいなくたって恋人が出来た人なんてとても沢山います。

その肝は行動力になるのですけど、まだ今は行動力を発揮する以前というか、キッカケじたいが皆無なので恋人が出来ない人のほうが多いのでは無いでしょうか?

このページのAI朗読(字幕付き)