同性婚の問題

最近になってやたらと性同一障害だとか同性婚の問題が表に出ているようですけど、おかしいと思う人も沢山いると思うのです。

体は男性だけど心は女性っていったい何なのでしょうか?

まず男と女の心が違うというのがその根本的な問題として有るわけですけど、本人が私の心は女性なんですってのがよくわからないのです。

つまり心の男女の違いというのが誰もはっきり解説してくれませんし、そもそもですね男性の心っていっても個人差はあるし、性同一障害と自称する人がじゃ女性の心の定義と言ってもちゃんと説明できないのでは無いでしょうか?

批判を覚悟で書きますと、昔から女装趣味の男性ってのがいましたよね?

彼らが何と呼ばれていたかと言うと”変態”ですよね?

で変態のまま一生を終える人も少なくなかったと思いますが、大部分の方は理性や意志の力で普通の生活を送るようになったと思うのです。

もう少し噛み砕いて書きます。

心の問題というのは様々な人が抱えていまして、すぐにパニックになってしまう人ですとか、赤面症なんてのも心の問題ですし、鬱とか躁なんてのも心の問題ですよね?

で性同一障害ってのも全くおんなじ心の問題ですよね?

ここまでご依存ございませんね?

あがり症やパニック障害というのは治療したり自らの意志の力で克服したりしまして、一人も心の状態をまるで権利や人権のように主張する人はいないのですよ。

えっと何が言いたいのかと申しますと、性同一障害だとご自分が思うのでしたら、それは構いませんし別に差別するつもりも一切ないのですけど、それを権利のように主張してみたり、大きく世間にアピールするような事をして仲間を増やすような真似はやめて頂きたいと思うのです。

仮に性同一障害という心の問題があったとしても個人差は必ず有りますよね?

軽い人とか微妙な人も結構いらっしゃると推測するのですけど、そこからどっちの道に進むかどうかは本人の意志・・と言いたいところですが人というのは一人で生きているわけじゃ無いのです。

家族がいたり地域のコミニティがあったり会社組織だったり組織に所属しないと生きていけないわけですよ。

でどんな人生や考え方というのは基本的には本人の自由意志では有りますけど、時には世間に合わせるとかそういった自分の権利だけじゃなくて、周りに気を使うという気持ちも大切なんですね?

だから性同一障害を克服しようと努力している人も多いのですから、少なくともやたらと世間を騒がせて布教活動じゃないですけど、仲間を増やそうとするような努力というのはどうなのかなって思ってしまうのです。

同性婚の問題

あのね人だけが自分の意志で心の状態を変えることが出来ますし、環境によって心や精神状態が簡単に変わってしまうのが人です。

で同性婚を国が認めるような状態になってしまったら、感化されてならなくてもよぃのに、そっち方面に引っ張られなくても良いのに、入ってしまう人が増えると危惧しているのです。

このページのAI朗読(字幕付き)