仲人は不要?

本来の仲人の役割が低下

元々はですね読んで字の如く、二人の仲を取り持つ人ですから結婚適齢期の男女の間を取り持って、時には半ば強引に結婚まで持っていくような人であって、結婚式の当日に仲人さんが出席するのは、辿り着くまでの最大の立役者としての列席なのですけど、最近は本来の役割ですとか意味合いが薄れてしまって、単に列席者の一人みたいな場合が多いようですよね。

まぁ強いて言えば仲人型の結婚相談所におけるカウンセラーですとかコーディネーターがその役割を果たしているとは思うのですが、基本的に結婚相談所の方は結婚式には参列しませんからね。

まぁ昔は仲人の立場も強くてアフターフォローも役目としてちゃんとあって、離婚しそうになった夫婦の間に入って仲裁するような事まで仲人の仕事だったみたいですけど、、そんなアフターケアまでする仲人さんはいらっしゃいませんからね。

セレモニー用の仲人は不要

独身男女が結婚することになって結婚式を執り行うにあたって、仲人を誰かにお願いするなんてのはどうなのでしょうか?

確かにご両家の結婚ということで親戚縁者を一同に集めまして、古来からの様式に則って厳かに結婚式を執り行うという事で、仲人はナシですというのは、どうにも格好がつかないから、それなりの人物に仲人を頼むというパターンが少なくないとは思いますし、親戚縁者ですとか親の手前を考えると仲人なしで結婚式というのも簡単では無いのだと思います。

ただ昔のように結婚式で仲人として声がかからなかった事に腹をたてるような人は非常に稀だと思いますので、結婚する二人が仲人は不要だと考えたらナシでも全然良いのではないでしょうか?

仲人を立てる率(実態)

と有るコーディネーターさんのお話によると、結婚式に仲人さんがいる割合というのは減少の一途で、パーティー形式ですとか様々な形式の結婚式を合わせると、むしろ仲人がいるほうが少数派との事でした。

そういえば私の結婚でも仲人はいなかったと思い出しましたが、それによる不都合は一つも無いのです。